「えげつないなぁ」
 「部長に新人でもできる仕事をやらせるって、パワハラだろ」
 「これじゃ、社員の士気は下がるっしょ」

 と批判する?

 「うちだって追い出し部屋あるから仕方ないだろ」
 「上が変わったんだから仕方ないだろ」
 「サラリーマンの宿命。仕方ない」

 とあきらめる?
 あなたはどっち?

 私の見解を述べると、私はいかなる状況であっても、“追い出し部屋制度”(あえてこう呼びます)には反対である。

 これは、会社がどれだけ否定しようとも、心理的なプレッシャーを掛けて「自ら辞めてもらいたい」がための制度で、それ以上でもそれ以下でもない。

 リストラしたいのであれば、正々堂々行うべき。きちんとした手順で、時間をかけ、ターゲットになった社員が納得して自主退社している企業は、世の中には山ほど存在している。

 なぜ、建前と本音を使い分けるのか? なぜ、自分たちにリスクのない「自主退職」を強要するのか? 私にはその“やり方”がどうしても解せないのである。

 心理的なプレッシャーほど傷跡が深く残るものはなく、自尊心を低下させ、残る社員に不安を煽るものはない。

「ついていく上司」=その人の運?

 さらに、ターゲットを免れた“レイオフ・サバイバー”は、自分に対してのみならず、組織にも否定的な反応を示す。怒り、抑うつ、不安、経営層への不満・不信感、リストラされた同僚への罪悪感、会社へのコミットメント低下、人員削減による作業量の増加が生じ、結果的に個人の生産性は下がり、最悪の場合レイオフ・サバイバーがメンタル不全に陥り、予期せぬ人員不足が加速する。

 加えて、会社へのイメージも確実に下がる。

 「あの会社、追い出し部屋作ったそうよ」
 「え? そうなの?」
 「コストカットってことよね」
 「高いお金払って買ってるのに、心配だわ。製品の品質は大丈夫なのかしら?」
 「そうよ。高いだけに心配だわ~」

 なんて具合に、顧客不安が広がるかもしれないのだ。

 つまり、“追い出し部屋”ほど不毛な施策は存在しないのである。

 しかしながら、やり方には反対だが、記事には「??」というコメントが含まれていたのもまた事実。「ついてきた上司を間違えただけで左遷」というコメントには、申し訳ないけどちっとも共感できなかった。

 気持ちはわかる。

 でも、トップが変われば組織は変わる。上司が変われば、求められる部下も変わる。それは企業に雇われている人であれ、フリーランスで契約している人であれ状況は同じで、いわば「マッチングの問題」。