しんどさを乗り越える強さを人間は持っている。そして乗り越えられた時に「変革の担い手」になれる(写真=Asia Images/アフロ)

 今回は「ミドルたちのこれから」についてアレコレ考えてみる。

 突然ですが、 
 「あなたはあなたを知っているか?」 そして、 「あなたは変革を担っているだろうか?」

「もう50年以上自分と付き合ってるんだから、知ってるも何もないだろ?」
「少なくとも会社での自分のポジションは、よ~くわかっているぞ(苦笑)」
「そうそう。オレたちの時代は終わったってことは知ってる(笑)」
「あとは下の世代に迷惑かけないように、息を潜めるだけ」
「こんな自分でもさ~、若いときは色々夢見たけどね」
「かっこつけて起業とかしても、あんまり上手くいってるヤツいないしな~」
「まぁ、給料減っても65歳までは一応いられるんで」

 ……なんてことを思っているのであるまいか?

 実は冒頭のメッセージの発信者は、神戸女学院大学と津田塾大学。
 言うまでもなくどちらも女子大である。つまり、これらは若い女性たちに送ったもの。が、私は「私たちの世代」へのメッセージとして受け止めるべきと感じた。  少なくとも私は自問した。「私は私をホントに知っているのか? 私は変革を担っているか?」と。

 例えば、こちらが神戸女学院大のメッセージの全文である。

 JRと阪急電車の車内広告に掲載されているので、ご覧になった方もいるかもしれない。
 「女は大学に行くな、」とは、数年前に物議をかわした曽野綾子さんの「女は子どもができたらお辞めなさい」(忘れちゃった方はこちらをどうぞ)を彷彿させるコピーだが、全文を読めば全く真意が異なることがわかる。

 大学の広報担当者はWebニュースのインタビューに、次のように話している。

 「伝えたいのは『正解がない。その不確かさを、不安ではなく、自由として謳歌するために。』というところです。
 大学時代だけではなくその後の人生においても学び続けていってほしいと願っています」

○当たり前に囚われる存在(=ジジイ)が、会社の残念度合いを上げる。
 痛快でありながら、「自然とそうなる」階層組織の闇に恐怖すら感じました。 「ウソをつく」「無責任」「頑迷」でありながら自覚がない、悪気もない存在を  どう処していくのか、考えさせられます」

(一般企業勤務 40代)

○現場、人間に対するリスペクト、その可能性を信じている著者の一貫した想い、
 愛情が伝わってきました。本書で書かれていた「合言葉」と「道具 」、 「仕事の意義、価値の伝道師」が教育担当を務める私の行動指針であることを教えていただき、 改めて自分のスタンスが確認でき、勇気をいただきました。」

(早期退職後再就職 56歳)

本書は、

  • 自分は責任感が強い!
  • 自分は女子力は高い!
  • 自分は会社や上司に一切不満がない!
という人には役に立たない本です。