今回は、「“痛勤”と働き方改革」について、アレコレ考えてみようと思う。
 通勤じゃなく、痛勤。あるいは“通緊”と言ってもいいかもしれない。

 先週「触らない痴漢」という、一瞬耳を疑うキーワードがネットで話題になった。
 きっかけは3月23日に放送されたテレビ番組での、元埼玉鉄道警察隊隊長の発言である。

 数々の痴漢行為を検挙してきた元警察隊の方は、痴漢が減らない理由や最新の痴漢の手口などを紹介。その中で「触らない痴漢」について解説したのだ。

 「直接女性の体に触るとすぐに捕まるため、好みの女性に近づいて電車に乗り込み、電車の揺れを利用して接触し、匂いをかぐ『触らない痴漢』が問題になっている」(by 元警察隊長)

 そして、「匂いをかいだりなどの“触らない痴漢”も検挙する」と断言した。

 番組直後からTwitterで「#触らない痴漢」というスレッドがたち、番組内容がテキスト化されさらに拡散(こちら)。

 週刊誌でも偶然(?)「触らない痴漢 決め手は女性側が不快と思うかどうか」という記事が掲載され、瞬く間にテレビやラジオの情報番組でトピックになったというわけ。

  • 数字を見てるだけで「経営をする気」がない経営者
  • 「会社を変えてやる!」と意気揚々だった若手が、出世したとたんに豹変
  • 女性だけの会議はダラダラ長い
  • ヒマな50代がごろごろいる
  • 「いやぁ、完徹しちゃって、ははっ」と徹夜自慢する
  • etc etc
どこの組織でも起こる問題を53の研究に基づき「真実」を展開。

「文化心理学」「ピーターの法則」「首尾一貫感覚」「わが国大企業の中間管理者とその昇進」「OECD国際成人力調査 」「プロジェクト・アリストテレス」など幾多もの理論や学術論文に加え、「 600人強へのインタビュー」から改善の具体策を導き出す“役立つ一冊”です。