この状態がいかに危険なのか?

 それは「世界最悪の残酷な人体実験」のひとつ、スタンフォード監獄実験でわかる。(「es」という映画にもなったのでご存知の方も多いかもしれないけど、以下概要)。

 1971年、米海軍の海兵隊刑務所で相次ぐ問題を解決するために、米スタンフォード大学の心理学者フィリップ・G・ジンバルド博士らは、同大学の講堂で、模擬的な監獄(=刑務所)シミュレーションを実施した。

 新聞広告によって集められた心身ともに健康な被験者24人を、無作為に囚人役と看守役に割り振った。被験者には「刑務所とほぼ同じ環境の中で、2週間を過ごしてもらう」ことだけを告げ、囚人役にはそれぞれID番号が与えられ、互いに番号で呼び合うことが義務づけられた。囚人は粗末な囚人服を着せられ、一部の囚人役は手足を鎖でつながれた。

 一方、看守役には制服と木製の警棒と、ミラー型のサングラスが手渡された。実験初日。何事もおきなかった。が、2日目に変化が起こる。

普通の人が極悪なことをする組織のシステム

 囚人役の被験者たちが、乱暴な言動で、看守たちを困らせた。看守役の被験者たちは“囚人”たちを鎮めるために虐待行為を始め、その虐待は次第にエスカレートしていったのだ。3、4日と経過すると看守たちは囚人をまる裸にしたり、トイレ掃除を素手でやらせたり、そこで性的な虐待をし、精神的にも肉体的にも囚人たちを追い込んだ。

 そして、実験開始から1週間足らずで、危険を感じた博士らは実験を中止。「これ以上続けたら、取り返しのつかないことになる」という理由だった。

 なぜ、こんな事態になってしまったのか? 実験の正当性や倫理性も含め、様々な意見や議論が出た。「衣服や監獄という物理的な環境が人間の行動を変えた」という意見もあれば、「人間の深層心理に潜む攻撃性が、囚人と看守という立場の違いによって刺激された」とする研究者もいた。

 そんな中、唯一多くの人たちの見解が一致した点があった。それは「所属する組織のシステムによって、普通の人が極悪なことを平気でしてしまう。力には二面性がある」ということだったのである。

 繰り返すが、看守役は一般の人。なにひとつ看守に求められる知識も見識も能力も持ち合わせていない人たちである。と同時に、これは心理実験であるため、看守はいっさい自分の言動に「責任」を負わされていない。

次ページ 資質なきリーダーほど人を見下すようになる