男だと「ロリコン」、オネエだと「気持ち悪い」

 保護者の理解――。この一言がもつ意味は、非常に大きい。

 以前、「男性問題」に関する記事(「私は“オネエ”じゃないの!」 黒一点の彼らが抱える「男性問題」の深淵)で、本当はバリバリの男性が“オネエのふり”をしていたことを書いた。だが、保育士だと“オネエのふり”をすることも許されないのだと彼は教えてくれた。

 保護者に「気持ち悪い」と言われてしまうのだそうだ。

 男性保育士に関する文献や調査は極めて少ないのだが、限られた情報の中にも保護者の偏見は取り上げられている。

 「トイレ、更衣室、休憩室」「おむつ交換の場にいて欲しくない」「プールは一緒に入ってほしくない」、女性の保育士と食事をしただけで「子どもの教育に悪い」、母親の相談にのっただけで「○○さんとあやしい」など、保護者からのクレームを受けるケースが報告されているのである。

 う~ん。これって何なのだろう……。子どもを心配する保護者の方の気持ちが、わからないわけでもないけど、偏見の「まなざし」は、社会が作り出した無意識の圧力だ。その圧力にさらされる息苦しさは、偏見のまなざしを感じている人にしかわからない。まなざしを注いでいる人たちには、そこに地獄が存在することすらわからない。だから余計にややこしい。それほどまでに根が深い問題なのだ。

 最近はドラマの影響などもあり男性保育士は急増したとされているが、就業率は24.0%で(2010年度)、女性の42.0%に比べ、かなり低い(保育士事務登録センターと国勢調査のデータからhoikusi.bizが算出)。つまり、何らかの理由で仕事に就かない、もしくは離職してしまったケースが高いのである。

 海外では男性保育士採用の際に、性犯罪歴等に関する公的な書類の提出を義務付けるケースもあるとされている。目的は「子どもの安全の確保」。性悪説に基づく制度ではあるが、もし、そういった書類が「偏見のまなざし」の抑止につながるのであれば、日本でも議論する価値はおおいにある。

女性社会における「男性活躍」のさらなる難しさ

 もちろん男性保育士に期待する保護者もいるし、体育の指導や、運動・遊びの技能を子どもに習得させて欲しいというニーズもある。

 ただ、これまた微妙な問題で、男性=身体能力が高い、男性=運動好き、男性=外で遊ぶのが得意 というのも、ある意味偏見。「男性だから出来て当たり前」というまなざしも、プレッシャーなのだ。

 なぜ、女性の場合には「お茶を入れる」のを求めるだけでセクハラになるのに、男性の場合は「男らしさ」を求める声が、「期待」になってしまうのか。

 女性であれば「そりゃ。問題だ!」と周りも騒ぐが、男性の場合は「まぁ、上手くやれよ」と諭されるのがオチ。女性が男性社会に飛び込む以上に、女性社会に男性が溶け込むのは難しい。本当に、難しい。

 そもそも育児問題は「女性だけの問題じゃない」と誰もが口を揃えるのだから、保育士だって、性別に関係なく、ひとりの「保育士」として温かく受け入れるべき。件の男性のように、「保育士に憧れて、実際になる男性」がいるわけだから、保育士不足を解消の手立てにもなるはずだ。

 男性保育士が「市民権」を得れば、イクメンや主夫だって生きやすくなるかもしれない。……もったいない。本当、実にもったいない。「もったいない」という言葉以外、気の利いた言葉が出てこないくらい、もったいない話だ。

次ページ 男性保育士が「寿退職」するのも当たり前