孤独は「人格的成長」のスイッチを押すきっかけになる

 人格的成長は、困難を乗り越えるエネルギーを高め、人生の満足感や精神的な健康を高めるうえでも重要な感覚である。

 ところが年齢を重ねると「もう、だめなんじゃないか」とか「もう、年だから」と、その願望をあきらめるもう一人の弱気な自分が現れ、この感覚が低下する。

 それを防ぎ、不安をエナジーに変えるスイッチを押してくれるのが、“友だち”なのだ。

 「人格的成長」と「チャレンジ精神」を同一に扱う専門家もいるが、実際には異なる。 チャレンジ精神が、 自分の行動する力に価値を見出していることに対し、人格的成長は、自分の内在する力に価値を見出すもの。

 この感覚の根底には、「学びたい」「成長したい」という欲求が存在していて、これが「自分の可能性を信じる」感情と科学反応を起こすと、年齢に関係なく“進化”できる。

つまり、

孤独⇒不安⇒健康低下

となるが、

孤独⇒不安⇒心の距離感の近い他者とのコンタクト⇒人格的成長のスイッチオン!

となれば、孤独はマイナス要因ではなく、プラス要因になる。

 「心の距離感の近い他者」が、たったひとりでもいれば、生きる力が高まり、真の健康を手に入れられるのである。

 不安の反対は安心じゃない。人は前を向いて歩いているときは、無用な不安を感じなくなる。その背中をポンっと押してくれるのが、“友だち”の存在なのだ。

 「俺、友だちゼロ」

 そう言う人にも、その「たった一人」はいるのではあるまいか。ふと思い出す同級生、同じ釜の飯を食った部活の仲間、毎晩一緒に飲んだくれた同期……。そういった人に一本電話を入れてみるだけでも、自分のたった一人の存在を見つけることができると思う。

 でもって、もし、本当にもし、「一人もいない。ゼロ」と言う方がいらっしゃったら、連絡くださいませ。私でよければ、“お友達”になりますよ! 是非!(笑)。

この本は現代の競争社会を『生き勝つ』ためのミドル世代への一冊です。

というわけで、このたび、「○●●●」となりました!

さて、………「○●●●」の答えは何でしょう?

はい、みなさま、考えましたね!
これです!これが「考える力を鍛える『穴あけ勉強法』」です!

何を隠そう、これは私が高校生のときに生み出し、ずっと実践している独学法です。
気象予報士も、博士号も、NS時代の名物企画も、日経のコラムも、すべて穴をあけ(=知識のアメーバー化)、考える力(=アナロジー)を駆使し、キャリアを築いてきました。

「学び直したい!」
「新商品を考えたい!」
「資格を取りたい!」
「セカンドキャリアを考えている!」

といった方たちに私のささやかな経験から培ってきた“穴をあけて”考える、という方法論を書いた一冊です。

ぜひ、手に取ってみてください!

考える力を鍛える「穴あけ」勉強法: 難関資格・東大大学院も一発合格できた!