限りなく黒に近いグレーでも、黒とは雲泥の差があることを思い知らされた気がする……。衝撃のドラフト。日本シリーズでの涙。同世代であれば、誰もが記憶しているドラマがあるだけに、ショックだった。

 戦うものがなくなった、天井ばかり見上げてた、「もう関わらないでくれ!」か。あ~、なんでやねん。というか、黒であることが決定的になり、自分がかなりショックを受けているという事実に、少々驚いている。

 「ってことは今回は、KKコンビについてKKが書くんかい?」

 いやいや、そういうわけではありません。

 ただ、グレーと黒の距離。それをメチャクチャ感じてしまったので、今回はもうひとつの「限りなく黒に近いグレー」を、取り上げようと思う。

 KKコンビ世代といえる40代、とくに40代前半の”氷河”を巡る「グレーと黒」についてである。

アベノミクスの恩恵を全く受けていない世代

 実はあまり報じられていないのだが、アベノミクスの恩恵を全く受けていない年代が、ピンポイントで存在する。

 “氷河期世代”の勝ち組、である。

 「中年フリーター」「中年パラサイト」など、切ないネーミングをつけられる非正規の人たちじゃない。厳しい就職戦線を勝ち抜いた、「大企業の正社員の男性」が氷河に襲われているのである。

 昨年11月に公開された厚生労働省の『賃金構造基本統計調査』によれば、40~45歳男性の賃金だけ、前年比マイナス0.6%。全体では1.3%と上昇しているにも関わらず(男性1.1%、女性2.3%)、この年代だけマイナスだった。

 しかも、

  • 「大学・大学院卒」の『40~45歳男性』は、マイナス1.1%
  • 「大企業」の『40~45歳男性』は、マイナス2.3%

 で、フツーであればエリートとされる人たちが、とりわけ冷たい風にさらされていることがわかった。