マイナビは、運営する女性総合サイト「マイナビウーマン」に掲載した記事2本が不適切だったとして、該当記事を削除したと発表した。

 あちらこちらで話題になっていたのでご存知の方も多いと思うが、ことの成り行きを簡単に説明しておく。

 問題となったのは、「意味わかんない!『社会人としてありえない』有休取得の理由7つ!」と、「男性に聞いた! 女性が『生理休暇をとる』のはアリ?」という、タイトルを見ただけで「オイオイ、大丈夫か?!」って感じの2本の記事。

 特に有給休暇に関する記事は、想像どおり瞬く間に激しく炎上した。

「寝坊、二日酔い、やる気が出ない、彼氏とのケンカ、彼氏に振られた、体が痛い、天気が悪い、などの理由で休むのはNG。有休を取ることは働く人の権利ですが、常識ある使い方をしたい」

という内容に、

「有休取得に理由なんて関係ないだろう!」
と批判が殺到したのだ。

 過去にも似たような記事がアップされるやいなや撃沈されていたのに、なぜ、マイナビという「若い人向け」のサイトで、見事なまでに危うい記事が掲載されたのかは定かではない。

 ただでさえ、日本における有給休暇の消化率は半分以下(厚生労働省「平成26年就労条件総合調査結果」)。おまけに今年は、祝日の“土曜日かぶり”の多い年だけに、炎上の条件はそろっていた。

 「どんな理由であれ、使えばいいじゃん」と個人的には思うのだが、この記事の担当者は、よほど“ドタキャン”ならぬ“ドタ休み”に迷惑をこうむっていたのか、「最近の若者は○●××」と若い社員への不満がたまっていたのか、「社会人らしからぬ理由で休むなよ!」と釘を刺したかったらしい。

 社会人らしからぬ、か。……いったいどんな理由なら社会人らしい、常識ある理由になるというのだろう。

 そもそも年次有給休暇をどう使うかは、労働者の自由。上司に理由を伝える義務もない。

 「おいおい、そんなどーでもいい理由で有休とか、勘弁してくれよ!」と内心思ったとしても、有給休暇が企業と労働者の決めごとである以上、現場の不満は愚痴レベルで終わらせるべき問題である。

 だいたいなんでこんなにも、「休む」ってことが難しいのだろう。

 「申し訳ないけど、休ませてください」って、みんな当たり前のように言うけど、なぜ謝る? 

 「あいつは毎年、有休をフルに使って海外旅行だとさ。結構なご身分だね」っと不機嫌になる人がいるけど、なぜ、批判する?

 みんな休みたいはずなのに、なんで???ただ単純に人手が足りないことだけが、理由なのか?  

 というわけで、今回は「有給休暇の謎」について、アレコレ考えてみようと思う。