次から次へと降ってくる雑務を目の前に「も~~お手上げ」と爆発したくなったことは誰にでもあるはず…。え!今日も?(写真=アフロ)

 「社畜あるある」を美術品にした「社畜ミュージアム」なる動画が、ちょっとした話題になっている。

 最初に展示されているのは、椅子の背もたれに大胆にもたれかかり、天を仰ぐ男性の彫刻で、その名も『お手上げスライダー』。 「終わらない仕事に絶望し、ウォータースライダー状に石化してしまった社畜社員」──らしい。

 ほかにも、ちょっと笑えて、切ないシュールな“作品”が展示されているので、まずはこちらからご覧下さい。

 「んなこと言ったって、動画が見られないつーの」という方のために、内容を説明しておきます。

 「社畜ミュージアム」はモーツァルトのレクイエム「怒りの日」をBGMに、『お手上げスライダー』のほかにも、次のような作品が展示されている。

 『戦慄のミッドナイトコール』(油絵)
 深夜のクライアントからの電話が鳴り止まず、絶叫する若手社員。

 『進捗モンスター』(彫刻)
 暇そうな上司から「進捗どう?」と毎日詰められ、爆発寸前の社畜社員。

 『寝てない自慢大会』(油彩)
 「昨日3時間しか寝てないわー」「オレなんて2時間だし」など睡眠時間を競い合う大会。

 『はじめまして、ごめんなさい。』(彫刻)
 前任者の業務を引き継ぎ、何もわからぬ状態で、謝罪に行かされる新入社員。

 『居残り部長』(油彩)
 上司が深夜まで帰宅しないため、会社から脱出できない部下たち。

 『月曜、襲来。』(彫刻)
  連休が終わり、現実を受け入れられないまま、玄関で絶叫するサラリーマン。

 そして、最後のメッセージがこちらです。

 「働く人をもっと笑顔に。日本の中小企業を支えたい。」 by 中小機構

 さて、いかがでしょう? 当美術館をお楽しみいただけましたか?

 え? そう。そうなんです。最後のクレジットにある通り、この動画は独立行政法人中小企業基盤整備機構のPR動画で、企業が抱える諸問題に対して、積極的に支援したいというメッセージを伝えるために製作された。