2016年がやって来た。猿。いや、申年。「申」は「呻」で、「呻く(うめく)」という意味らしい。

 一体何にうめくのか? そういや、2015年ラストは、東芝社員7800人のうめき声が聞こえていました。「なんで、オレらが経営陣の不正会計の尻拭いをさせられるんだ!」と。

 まさか2016年は、あちこちから、うめき声が聞こえる事態となるのだろうか? 不気味だ……。

 「申のうめきは、果実が成熟して固まっていくときの、産声みたいなもんだよ」

 ああ、そうですか。ホッとしました。確かに、「申年」でググるとそのようです。

 と、新年一発目から、酒場の会話のごときスタートとなってしまいましたが、今年も1年、アレコレ書いていきますので、どうぞよろしくお付き合いくださいませ。

 さて、毎年、新年一発目は、前向きなテーマを取り上げようと、年末からネタを考えるのだが、年の瀬に感じていた「2016年問題」について、今回は書こうと思う。

 題して、「男性受難時代」だ。

 ん? 「受難」って。結局、“うめき声”かい?

 は、はい、やはりそうなってしまいました。申し訳ない。

 実は昨年末から、男性陣たちからの嘆き、女性たちからの苦言、海外の知人からの指摘、などなど、日本の男たちの「切なさ、生きづらさ、元気のなさ」を感じることが重なっていた。そんな状況で、新年早々、「なんじゃこりゃ!」という“新語”が出回ってきたのである。

 「嫁ブロック」――。

 ちょっと前にも話題になったので、ご存じの方も多いかもしれない。

 嫁ブロックとは、「妻が反対しているので、内定を辞退させてください」と、男性が転職先に申し出る現象のこと。

 かつては、ヘッドハンターや人事の採用担当者の間で使われていた、業界用語である。その言葉が、最近、一般のビジネスパーソンたちの間で、使われるようになったというのである。

 この現象を報じたのは、産経新聞。元日早々、

 男の挑戦くじく「嫁ブロック」とは「妻の反対で内定辞退…」

  と、ちょっとばかりセンセーショナルに報じたのだ。

 記事では、

  • 転職希望者数は平成22年1月から平成27年11月までの間に約3倍に増加(人材派遣大手インテリジェンス調べ)しているとし、転職市場が拡大していることを紹介。
  • ところが、約3人に1人が“嫁ブロック”に遭い、内定を辞退、あるいは転職活動を断念(転職クチコミサイト「転職会議」を運営するリブセンス調べ)。 ※調査は2015年11月に実施。対象は、転職をしたことがある、あるいは転職を考えている男性1800人。
  • 妻が反対の理由は、「年収が下がる」がトップ(37%)。次いで、「勤務地が自宅から遠い」(28%)、「現職の福利厚生が充実している」(21%)。

 さらに、

  • 「大手企業勤務」にこだわり、ベンチャー転職をブロックする妻、
  • 「東京居住」にこだわり、地方転職をブロックする妻、
  • 「ママ友との交遊関係」にこだわり、知名度の低い会社への転職をブロックする妻

 といった実例を挙げ、「嫁ブロック」のリアルを紹介していたのである。