これを聞いたらレクサスの人は喜びますよ

F:これを聞いたらレクサスの人が喜びますよ、きっと。私はポルシェのライバルは海外勢ばかりで、国産車は眼中にないのだとばかり思っていました。

:特に日本では、女性の声が購買に大きく影響されますので、「レクサスの販売店に行くと、タダで洗車してくれるじゃない」とか、そういうことが結構効くんです(苦笑)。

F:そっちですか(笑)。

:あとは「国産車」という漠然とした安心感。それからポルシェに乗っていると、どこかハデだと思われてしまったりと……これを払拭していくのは私達のチャレンジでもあるのですが。

F:「あの人、ポルシェなんかに乗っちゃって……」という批判の目。これは確かにありますよね。会社勤めの人だとちょっと辛いかもしれません。

マンちゃん:フェルさん前は911に乗っていたじゃないですか。会社勤めなのに(笑)。

F:うん。だから反省してその後メルセデス・ベンツのSLに乗り換えた(笑)。

:911からSLに?!それはちょっと……どういうことなのでしょう……。

F:ちょっと込み入った事情がありまして……。と、冗談はともかく、日本でポルシェを買う人は、レクサスと比較検討するんですね。しかも全てのセグメントで。

:はい。やっぱりレクサスに乗っているとお利口さんに見えますし。

F:前にRXのオーナーインタビューで、「お葬式にも堂々と乗っていけるから」と言っていたものね。あの方は確かカイエンからの乗り換えだった。あれは極めて特殊な例かと思っていたのだけど、実は典型例だったんだ。

:ポルシェにはどうしても、きらびやかな、悪くいうと派手なイメージというのがあるので。

F:でもそれはとても大切なイメージですよね。きらびやかさ、華やかさというのは。ポルシェに乗るのは素晴らしく特別なことで、ある意味頑張った「証」でもある訳で。

:どちらかというと今までは「頑張って、ゴールでポルシェを」。というイメージがありました。911が最後のクルマ。「いつかはクラウン」じゃないですけれど、「いつかは911」みたいなパーセプションがあったのを、我々のチャレンジとしては変えていきたいんです。

F:なるほど。「いつかは911」にはしたくないと。

:「いつかは911」ではなく、「今から911」「今からポルシェ」に変えていきたいんです。価格だけで見れば、同じような値段のクルマを買われていらっしゃる方もたくさんいらっしゃるので。

F:いま一番安い911が1200万円くらいですね。

:はい。そうすると、価格的にLCと本当にバッティングしますし、例えばメルセデスさんだとSクラスが買えますとか、そういう話になるんです。全然ボディータイプは違いますが、実際の話、営業の現場ではSクラスと911、どっちにしようか迷っている、というお客様がいらっしゃるのです。