G:さらに見返りがないケースも考えられます。いくら仕事を一生懸命やっても、誰も褒めてくれないとか、評価してくれないとか。こういう状況もよくありません。決して自分自身に甘いからじゃないと思うんです。そうではないと思います。
 ただ、繰り返しますが、私が申し上げているのは所謂選ばれた人々、マネジメントスキルとリーダーシップを持っている人々の話ですよ。この人たちは非常に自分自身に対して厳しいんです。例外はありません。

F:なるほど。ところで日本で仕事をなさっていると、日産の社員だけではなくて、いろいろな日本のビジネスパーソンとおつき合いがあると思うんですけれども、そういった方々と仕事を進めてこられてゴーンさんが感じた、日本のビジネスパーソンの良いところ、そして悪いところを教えてください。

G:私が実際につき合ってきた日本のビジネスパーソンは、多くは非常に実際的です。実際的というか現実的というか。例えば、一緒に会合すると……、会合は特定の目的があるから集まるわけですよね……、大体はすぐに特定の目的、本題に入るわけですよ。時間をムダにしない。回りくどいことをやるのではなく、すぐにポイントを突いていくということです。まずこれが1つ。

日本のビジネスパーソンは、好奇心が旺盛

G:それから2つ目。日本のビジネスパーソンはとても好奇心が旺盛だということです。もちろんいい意味での好奇心ですよ。あ、これがうまくいったんですね。じゃあ教えてよ。どうやってやったの?と聞くんです。知的好奇心が非常に旺盛です。

F:それは日産内部の話ではなく、他社の人間でも同じですか?

G:そうです。同じです。他の人の成功に非常に興味を持っているんですね。どうしてそれがうまくいったのかと聞いてくるんです。他の国でそんなことを聞くことは余りありません。ええ、聞かないですね。一部のCEOは、他社の成功なんかにまったく関心がありません。
 ですが日本は違います。日本人はどうやって成功したのかと聞いてくる。非常に好奇心が旺盛です。これが2つ目。
 そして通常日本のビジネスマンは、所謂フォームを尊重する。つまり礼儀正しいということです。相手のCEOに対しても敬意を表する、責任者に対して敬意を持っている、これが3つ目ですね。相手に対する敬意と礼儀です。

F:外国の人はそうでもないですか。

G:全員ではないですが、必ずしもそうではないと思います。
 ただ、日本人にとって“外国人は何か”、ということもあります。アメリカ人とか、イギリス人とか、フランス人とか、アジア人とか、中国人とか……外国人にもたくさんいるんです。全部同じというわけではないので、十把一絡げという訳にはいきません。

(写真:陶山 勉)

G:押並べて日本のビジネスパーソンは、若干控えめというか、保守的なところがありますね。
 私は今までの経験から申し上げているのですが、日本のビジネスパーソンが理論立てて行動するのには、ちょっと時間がかかるかなと、思います。
 ただ、非常に会っていて楽しいというか、いい方々が多いですね。私はいつも日本のビジネスパーソンから学ぶところがあります。本当に興味深い話ができます。うわべだけというのがないのです。
 例えばミーティングで、結局今日のは何だったのかな、何にも学習できなかった……意見交換もあまりできなかったな……ということがないんです。日本のビジネスパーソンとのミーティングは、いつも何か得るものがあるんです。

      

 インタビュー前半は、ゴーン流の仕事術を中心にお話を伺いました。
 後半はゴーンさんの考え方、学び方、クルマとは何か、仕事とは何か、そしてこれからの人生をどう過ごすか、までスルドク伺います。
 お楽しみに!

※次ページから後編を掲載しています