アバルト124の◯と×を

 アバルト124の話に戻ろう。

 気落ちよく走れる事は間違いないのだが、ギアの入りがイマイチだ。

 特に3速。ここに入れるのに妙に引っ掛かりがある。またシフトフィールはNDのようなカチッと感に欠ける。ギアを入れた後も、NDと比べると何となくブワブワした印象がある。これはどうしたことだろう。

 環状線を2周した後、3号渋谷線に入り自宅方向へ向かう。首都高を降りて家の方向に向かうと、子どもたちが「ほらほらあのクルマ」という風にこちらを指差している。

 やはりこのクルマは目立つ。小さいのにものすごく目立つ。イタリアンデザインの面目躍如というところだろう。目立つのが嫌な人は124に乗らないほうが良い。イヤでも目立つ。ものすごく目立つ。

燦然と輝くアバルトのエンブレム。
燦然と輝くアバルトのエンブレム。

 走りにはケチの付けようが無い。アラを探せばいくらでも出てこようが、そこはもうイチャモンのレベルである。ロードスターは大人の男によく売れているが、このアバルト124は、それを更に大人向けに仕上げた印象である。

 それでは最後にアバルト124の◯と×を。

アバルト124の◯

1:速い!
このボディに最高出力170ps、最大トルク25.5kgmのエンジンを載せりゃ、そりゃ速いです。ロードスターの力不足に泣いた人は是非。

2:(閉めると)静か
窓を閉めるとピシャリと静かになります。重量増はボディパネルだけでなく、遮音材防音材に拠る所も大きいと思う。

3:しっとりした乗り心地
しかし同じボディでも味付けでこれだ変わるのだなぁ。重量増がマイナスでなくプラスになっている。

アバルト124の×

1:イマイチのギア
うーん。せっかくのカッチリ感がギアで相当割り引かれているぞ。何しろ人間が直接触って操作する部分ですからね。ここがユルいと全体の印象がユルくなってしまう。他が良いだけに残念なポイントだ。

2:ロードスターとほぼ同じインテリア
100万円も違うのだから、ここは一工夫欲しかった。MINIとかはBMWと変えてきているじゃないですか。出る台数が違いますかそうですか。

3:ガイシャなのに右側ウィンカー(笑)
ここもロードスターと同じなのね。ガイシャなんだから不便な左ウィンカーにして欲しかったです。

 という訳で来週はインポーターインタビューです。

 相当突っ込んだ話をしています。お楽しみに!

EVシフト加速に「トランプのブレーキ」?

 みなさんこんにちは。編集担当のY田です。

「EVの開発においてはロータリーエンジンの活用も検討する」(小飼雅道マツダ社長)
「EVの開発においてはロータリーエンジンの活用も検討する」(小飼雅道マツダ社長)

 アバルト124スパイダーを生産するマツダが先日、2019年をメドにEV(電気自動車)を投入することを明らかにしました(「マツダもEV投入、2019年メド」参照」)。また、トヨタ自動車も2016年度上期決算発表の場で「トヨタにとってのエコカーは今もFCV(燃料電池車)だが、EVという選択もあり得る」と、EVの量産準備の可能性について言及(「トヨタ、逆風でも利益1000億上方修正のワケ」参照)。同社はその後、EVの開発を担う社内ベンチャー組織を12月に立ち上げると発表しました。

 EV市場は現在、日産自動車や米ゼネラル・モーターズ(GM)、米フォード・モーターなどがしのぎを削っていますが、EVシフトを鮮明にしている欧州メーカーと同様に、トヨタ自動車やマツダもさらなる強化に乗り出した形です。

 背景の一つは、「ZEV規制(米カリフォルニア州が定める環境規制)」。2018年からは規制が強化され、ハイブリッド車(HV)はZEV(排ガスゼロ車)と認められなくなります。各メーカーは販売台数に応じて、EVやプラグインハイブリッド(PHV)、FCVを一定数売ることが義務付けられます。

 ただ、ここにきて、EV市場にとっては想定外の逆風が吹きかねない事態が生じました。米国大統領選におけるトランプ氏の当選です。同氏は、地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」からの脱退を示唆するなど、環境規制の強化に否定的とも言われます(「米テスラがEV量産強化へ布石」参照)。

 EV市場拡大にブレーキを踏むのか?メーカー各社の開発の動きと同様に、米国次期大統領の環境施策にも注目が集まります。

この記事はシリーズ「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

セミナー開催 フェルディナント・ヤマグチ流「部下育成」!

 本コラムの著者、フェルディナント・ヤマグチ氏が「日経ビジネス課長塾オンデマンド」主催のセミナーに登壇します。

 今回、課長塾オンデマンドではあえて、「企業人としてのヤマグチ氏として、登壇してください」とお願いしました。なぜならヤマグチ氏は、「コラムニストとの両立」という多忙な生活を、20年もの長きに渡り成立させてきた人だからです。本セミナーでは、そんなヤマグチ氏ならではの(仕事についての)方法論に迫ります。

 とはいえ講演時間は、わずか1時間。そこで今回は、「部下育成」にテーマを絞って話していただきます。部下やチームのマネジメントにお悩みの方は、ぜひご参加ください!






>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。