ぶつからないクルマのほうがずっと良い

F:そりゃそうです。どんなに頑丈なクルマよりも、ぶつからないクルマの方がずっと良い。

:そうですよね。最後にぶつかっちゃったときの安全というのはもちろん大事なんですが、まずはぶつからないように。ぶつからないようにするために走りやすいように。走りやすいようにするために、もう最初から、座った瞬間から乗りやすいように。そのために安全に視界を確保するという。

F:ああ、いい話だなぁ。井上ひさしの「むずかしいことをやさしく」みたいです。聞いていてとても心地が良い。

:そういう思想で、交通事故をゼロにしようというのがSUBARUの今です。

F:良いですね。クルマ造りのストーリーがちゃんと出来ている。筋が通っている。スバリストの人が「スバル」「スバル」と言う理由が少し分かりました。

:社内ではアイサイトが出た時に、ぶつからないクルマが出来たんだから、もうぶつかった時の事なんか考えなくても良いよな、なんて話していました(笑)。

:あ、フェルさん。今のは冗談ですからね。エンジニア同士が、冗談でそう話していた、ということですから。

F:分かってますって。SUBARUのアイサイト搭載車は、衝突安全性を無視したフニャフニャ車ということですよね(笑)。でもぶつからないから大丈夫、と(笑)。

:いや、だからですね……。

F:そうは言ってもクルマに事故は付きものです。自分が悪くなくても突っ込まれることだってある。

:そう。そうは言ってもクルマはぶつかります。だから当然キャビンはしっかりと守ってあげなければいけない。そしてエアバッグでしっかりキャッチして、ベルトでギュッと拘束して、というところは外しません。いまお話しした全ての安全を含めて、我々は総合安全と呼んでいます。世界トップレベルの総合安全です。

F:総合安全。なるほど。

:インプレッサの売りは2つあります。世界トップレベルの総合安全性能。さっき言った4つの安全ですね。そして内外装と動的質感の向上です。見た目のカッコよさとか、内装もすごく質感を上げましたし、最初にお話した走りの質感を上げた。この2つがインプレッサの売りということです。

:スミマセン。そろそろお時間の方が。

F:最後に井上さんがSUBARUとインプレッサをキレイにまとめて下さいました。今日はありがとうございました。

一同:ありがとうございました。

 こうして長いインタビューは終了した。SUBARUと安全。走りばかりが取り上げられがちなこの会社のクルマだが、実は世界最高レベルの安全性を誇っている。JNCAPの衝突安全性能評価では、XVとインプレッサの同車系が、併せて最高得点を獲得している。井上さんは「日本で一番安全なクルマと表現して構わない」、と断言されていた。

 ぶつからないクルマであるインプレッサは、万一衝突しても、日本で一番安全なクルマなのである。

 4回にわたってお送りしたSUBARUインプレッサの開発者インタビュー。お楽しみいただけましたでしょうか。次回はちょっと趣向の違う面白記事をお送りします。お楽しみに!