「いいクルマの一つの指標はニュルに出るレースカーです」

「GRMN86もプリウスもヴィッツも、基本は同じなんです」(野々村さん)

:そういうマインドで会社のみんなにも、“いいクルマ作り”に熱くなってほしいという思いがある。先ほども野々村が言いましたが、章男社長だけでなく、ほかの役員にもしっかり乗ってもらって、クルマのよさというのを実際に体感してもらえるような取り組みを、社長自らが率先してやっている。そういう背景が有るんですね。

F:章男社長が実施する、恐怖の通過儀礼サーキットタクシーから始まって、トヨタの役員陣の運転レベルもどんどん高くなっていく、と。

:まあでも時間はかかりますよね。BMWは技術系だけじゃなくて、工場、営業の役員までみんな上手いからびっくりするんです。最終的に、モノは工場で作っている。だからクルマの“味付け”の良し悪しを分かっている人が、物作りのトップになっている。トヨタも徐々にそうなってきています。今はもう、あらゆる部門の役員が。

F:章男号のサーキットタクシーに乗っているから(笑)

:そう(笑)。だから“話の通じる人”がすごく増えてきている。

:章男社長って、具体的なことは決して言わないんですよ。それぞれの持ち場、立場で、「いいクルマ作りとは何かを考えろ」と言うだけです。いいクルマの価値観ってそれぞれの人で違うじゃないですか。

F:ベクトル合わせというか、何かキーワードになることは提示してくれないのですか。「俺は硬い足回りがいいクルマだと思う」「いやいや、柔らかくしなやかな足回りだ」とみんなが勝手なことを言い始めたら、本当に収拾がつかなくなってしまう。

:その一つの指標がニュルブルクリンクに出るレースカーです。レース車両は非常に軽くできています。重心も車高もすごく下げてはいますが、物理的に持つポテンシャルの最大化を目指して、市販化に持っていくというところがあります。

 ただ速いだけではなく、クルマが意のままに動くというね。ニュルに出ていなかったら、あっちに行って、こっちに行って。人によって「良い」が違っていますから。

F:86GRMNのような特別なクルマならそれで良いのでしょうが、多くのフツーのクルマにもそのルールが適合しますか。ニュルが凄いのは分かりますが、あまり関係が無くないですか。プリウスとかヴィッツとか。ニュルがどうだとか言われても困っちゃいますよね。

:いやいやフェルさん。関係大アリです。考え方は一緒なんです。サーキットも走れるように、作りをそちらの方向に振っているというのが、たまたまGRMNの86なだけであって、基本はみんな一緒なんです。足をしなやかに動かして減衰させるという発想は、クルマとしては全て一緒です。プリウスもヴイッツも全て。

F:エルグランドとかも。

:それを言うならアルファードです(苦笑)。エルグランドはウチじゃありませんから。もちろんそうしたワンボックスも含まれます。

 先日試乗されたプリウスのプラットフォーム。我々が「TNGA」と呼んでいるやつは、その通りのエッセンスが入っています。まずあれが第1弾として出て、これからどんどんそういうエッセンスが入っているクルマが出てきますから。どうぞご期待下さい。もう片端から試乗して下さい。そしてトヨタのクルマがどんどん「いいクルマ」になっていくのを体感して下さい。