家を建て直すなら、まず土台から

 F:家を完全に建て直すなら、まずは土台から打ち直すと。

 :そう。そしてサスペンション。今回はサスのジオメトリーから全部を見直して、最適なレイアウトに全部やり直しています。それで感性に響く動的質感を向上させている訳です。

 F:具体的にはどのような差がでるのですか。挙動としてどのような。感性のニブイ自分にはちょっと分かり難くて……。

 :これはクルマが動き始める何ミリセックの世界の話ですが……。例えばステアリングを切るとします。従来のクルマは、ステアリングを切り始めてから車体が動くまでにちょっとしたディレイがありました。今回のSGPは剛性もすごく上げたし、ステアリングのジオメトリーも最適化したので、ステアリングを切ったら、スッとすぐに曲がり始めます。

F:それはハンドルの遊びがない、ということですか?

 :うん。遊びがないとも言いますかね。要はクルマの反応が早いということです。クルマを真っすぐ走らせるにしても、必ず当て舵はしますよね。まっすぐ走るために舵を当てる。思った通りに動かないからもっと切る。行き過ぎちゃったから戻す。あれ、あれれ……と。反応が悪いとそういうことになる。それが、自分の思った通りにクルマが動けば舵の修正は最小限で済む。路面が変化しても修正は少ないからストレスも少ない。この微小領域をどうやって減らすかというところに今回はこだわりました。ジオメトリーを全部計測して、数値化して。

 F:そんな微細な動きを測れる「秤(はかり)」があるんですね。

 :あいにくそんな都合の良いものはないんです(笑)。ですから、そのための計測器も自分たちで作りました。

 F:はー。計測器までお手製で。

 :あとは剛性ですね。今回はリアの横軸剛性をうんと上げた。前のモデルから100%アップです。

 F:横軸剛性というのは……?

 :リアを横から押すと、どれだけ変化するか、ということです。

 F:100%ということは、倍も強くなっているということですか。

 :その通りです。前のやつより倍強くなっている。リアは横に対してすごく強固に仕上がっている。それじゃその剛性をどこで感じるかといったら、本当に限界の、うんと高い領域での話になります。

 F:限界領域で。すると普通に街をノンビリ走っているだけでは分かりがたい。

 :いえ。ノンビリ走っていても分かります。まず真っ直ぐに走る。それから振動が少ない。この振動が少ないというのが大切です。普通はハンドルをクイックにすると、その分だけ、振動は大きくなります。硬くするから。

 F:硬くするから振動が出る。分かります。

 :それを吸収するために、サスペンションが今までは動かなかったような微小領域から動くようにしました。サスペンションが早くから動き始める。バネも早くから動く。「マスオフセット」と言うのですが、そのためにタイヤと軸をずらしたり、バネが縮むときの向きを合わせたりして、ともかくクルマが動こうとしたら、すぐに動けるようにセットしてあります。

 F:バネが縮む時の向き、というのは……?

 :スプリングは、ギュッとつぶすと、どちらかにブヨンとたわみますよね。真っ直ぐは縮まない。

 F:え?え?サスペンションのバネは真っ直ぐにつぶれない?そうなんですか?

 :真っすぐつぶれないですね。必ずどちらかの方向にたわみます。クルマだけじゃなく、普通のバネなんかもそうですよね。

 井上さんはそう言うと、机の上にあるノック式のボールペンからバネを取り出して、親指と人差指でつぶして、ほらこの通り、と見せてくれた。確かにバネを押しつぶすと、ブヨンと横方向にもたわむ。

次ページ 微小な微小な、ほんのちょびっとの世界なんです