F:高速を使わない、例えば宅配業者さんなどにとっては、VTECはほとんど意味がないということですか。

:正直な話、ほとんど関係ないです。高速でもしっかりスピードに乗ってしまえば、それ以降はVTEC付きと走りはそんなに変わりません。ですがやはり、合流のときなどは違いますね。

F:合流の際はやはり苦しくなる。

:N-BOXと比べれば多少は苦しくなります。でも従来のバモスと比べたら、CVTである分加速は良くなっています。VTECはうんと単純に言うと、エンジンの特性を下に振ったローバルタイ(バルブタイミング)仕様と、ピークを出すためのハイバルタイを切り替えるというシステムです。

F:つまり高回転と低回転のオイシイとこ取りをする仕組みであると。

:そう。上下両方のオイシイとこ取りを自動でやってくれる装置です。今回は単純にその上の部分を取っただけです。下の特性はまったく一緒です。普通の乗用だったら、上を取ったら、下に振ったままじゃなくて、ちょうど良いところに持っていくんですけど、あのクルマは下に振ったまま。上を取ったまんまです(笑)。

 街中で使うことを主とする商用車だもの、安価なノンターボは、より価格を抑えるためにホンダ自慢のVTECも取り外してしまえ。こうした思い切りの良さはホンダならではだ。無論加速を重視したいユーザーは、ターボ仕様を選べばいい。

「コンパネ平積み」が軽の商用バンの常識

:環境対応したエンジンを使い、さらに開発コストを抑えようとすると、既に持っているFF用のパッケージを使うのが一番手っ取り早い方法です。一方で大きな課題は、FFで荷室を取れますか?そしてフェルさんが言うように、リア駆動と比べて性能面でどうですか?というところです。

F:そこは一番伺いたいところです。

:単純に燃費だけでいったら、N-BOXのエンジンとミッションを使ったほうがいいということはみんな分かっています。じゃそれで商用のパッケージができるんだっけ、と。そこが我々のスタート地点です。N-BOXを商用に転用できるかどうか、本当にお客さんに認めてもらえる商用車を、このパッケージベースで作れるんですか、と。我々の答えは「できる」です。できなければ、我々がやめていたわけですし(笑)。

F:「できる」と判断した基準はどこにあるのですか。

:それはやはりフェルさんが最初に聞かれた2つですね。荷室が(商用車として実用に足ると)認められるか。リア駆動じゃなくて本当に大丈夫なのか。どっちからお話ししましょうか。パッケージから行きますか。

F:はい。パッケージからお願いします。

:パッケージで言うと、やっぱり一番最初にいわれるのがベニヤ合板。業界でいうコンパネです。コンパネが平積み(荷室に水平に積む)できないと致命的だというのは軽の商用バンの世界で常識です。