今回お話を伺ったのは、N-VANの開発責任者、本田技術研究所の主任研究員、古舘茂さんである。

本田技術研究所の主任研究員、古舘茂(ふるたて・しげる)さん

F:はじめまして。フェルディナント・ヤマグチと申します。今日はよろしくお願いします。

古舘茂さん(以下古):こちらこそ。よろしくお願いします。

F:N-VANを試乗させていただいて、「さすがホンダ。面白いクルマを作ったな」「これは軽版のカングーだな」と思いました。一方で、果たしてこれはプロユースとホビーユースのどちらへ向けたクルマなのだろう……とも思いました。N-VANは商用バンであるのに、FFレイアウトで、しかもトランスミッションがCVTです。果たしてこれで商用に耐えられるのかな、と。ホンダの軽バンは今まで後輪駆動でATでした。ライバルは今でもそうです。敢えてFFに変えた理由を教えてください。

FFにするのが目的ではなく、合理性からの決断

:FFに変えるのが絶対的な目的ではありませんでした。開発に際しては、「環境対応」というのがやっぱり大きな課題としてあったんです。我々は燃費に優れたN-BOXという軽自動車を既に持っています。「環境対応を何でやりますか?」というときに、(前モデルに当たるバモスと同じ)ミッドシップレイアウトで一から作るよりも、N-BOXのエンジンとミッションを使ったほうが合理的に作っていけるのではないか、という考えに至りました。

F:エンジンはN-BOXと全く同じものですか?

:ほぼ一緒です。NA(自然吸気)の方は、i-VTECを外したくらいですね、基本的に。

F:どうしてVTECを外したのですか。

:単純に言うと、VTECはお金がかかるからです。

F:VTECは高い。コストの問題ですか。

:そうです。VTECは高速の伸びはいいけれどもコストがかかる。コストと性能と、どっちを取るかとなったときに、商用車なのだから何よりもコスト優先だろうというのが我々の考えです。

F:VTECは商用車にあっても邪魔になるというものではないのですか。

:邪魔にはなりません(笑)。上の伸びが良いので、高速で合流するときなどにはとても有効です。でも逆に言うとそこだけなんです。クルマとしてどっちを取るの?となったときに、それじゃ今回は外しちゃおう、という答えになったわけです。