SUBARUのクルマは毎年良くなる

 こんにちは。AD高橋です。

 一般的に日本の自動車メーカーはフルモデルチェンジした後は、数年後にマイナーチェンジでクルマの大きな改良を行います(途中で一部改良が入る場合もあり)。

 ところがSUBARUのクルマは、イヤーモデル制を取るものが多いのが特徴です。イヤーモデル制(年次改良)は数年に一度大きく変更するのではなく、毎年改良を加えながらクルマをよりよくしていこうという考え方。輸入車ではこの方式がよく見られます。

 そのためスバリスト(SUBARU車の熱狂的なファン)は同じモデルでも年式ではなく年次改良が行われた順にA型、B型、C型……と呼んで区別します。SUBARUの代表モデルを見てみると、2017年10月現在、新車で販売されているのはレガシィアウトバック、レガシィB4、レヴォーグがD型、フォレスターがE型、BRZがF型になります。マイナーチェンジにあたる大きな変更はD型で行われることが多いですね。

 今回から取り上げるインプレッサスポーツ(およびインプレッサG4)は現在B型が発売されていますが、実は試乗タイミングの関係で、フェルさんが乗ったのはA型でした。そこで、B型はどこが変更されたかを簡単にまとめておきましょう。

  • 夜間走行時における、アイサイトの歩行者認識性能を強化
  • アイサイトに後退時自動ブレーキシステムを追加
  • メーカーオプションのアイサイトセイフティプラスにサイドビューモニター機能を追加

 今回は主にアイサイトの機能強化が行われた形ですね。

 デザイン変更もマイナーチェンジにあたるD型で行われることが多いです。また、過去には4代目レガシィでSIドライブが搭載されたり、3代目フォレスターで新世代ボクサーエンジンが搭載されるなど、メカニカルに大きな変更も行われます。その意味でも個人的にはD型へのスイッチが楽しみ。実は私、過去に2台のレガシィツーリングワゴンに乗っていますが、考えてみたら両方ともD型でした。もし中古車でSUBARU車を買おうと考えているなら、どの型でどんな変更が行われていたか、見てみるのがオススメです。

「東京モーターショー2017」併催イベントとして、「クルマの未来」を見通す大型イベント「FUTURE MOBILITY SUMMIT : TOKYO 2017 DAY2」を東京ビッグサイトで開催します。

開発が加速する自動運転技術、EV(電気自動車)やPHEV(プラグインハイブリッドカー)に象徴される電動化と内燃機関の性能向上について、リーディング企業が取組みの最前線を語り、2020年およびそれ以降のクルマの姿を探ります。

完成車や部品などで世界を牽引するトヨタ自動車や日産自動車、ホンダ、マツダといった主要メーカーが一堂に登壇するのに加え、SUBARU社長の吉永泰之氏が対談形式でこれからの方向性を語ります。また、つながるクルマに不可欠な常時接続を実現する通信技術について、NTTドコモ社長の吉澤和弘氏も講演します。ぜひ、ご参加ください。