みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。

 バルセロナくんだりまで飛んで来たのですから(前回記事)、トライアスロンだけではもったいない。せっかくですから観光もしておきましょう。

 とはいえアイアンマン後の疲れた体、ガツガツ名所巡りをするのも億劫です。世界遺産のサグラダ・ファミリアだけは押さえておいて、あとはゆっくり買い物をしたり、昼からカフェで一杯やったりしてくつろぐことにしました。

こちらが有名なサグラダ・ファミリアです。ローマ教皇から発行される「小勅書」なる公式文書により、「普通の教会堂よりも上位である」と認められた、特別な教会堂です。

 1882年着工でいまだ建築中。当初完成までには300年はかかると言われていましたが、昨今の設計IT化と建築技術、加工技術の進歩により、工期はグッと短くなった。2026年には完成する予定だそうです。工期半減ですからね。技術の進歩はすごい。

どこもかしこも工事中。現場ではお喋りしながらノンビリ作業されている姿が目立ちましたが、ホントにあと10年で完成するんでしょうか。

 サグラダ・ファミリアはありがたい「聖家族贖罪教会」でありますが、一方で年間300万人もの観光客を集めるスペイン最大の観光施設でもあります。入場制限が有り、ブラっと行っても入れないことがある。入館希望者は事前にネット予約しておく必要があります。

 今回は応援に駆け付けてくれた田島弓子女史のお陰で無事に見学することが出来ました。旅慣れた方ですからね。頼りになる。

2つの塔をつなぐ橋の部分まではエレベーターで上れるんですな。 橋の中央部に像が有るのがお分かりになるでしょうか。
その像を後ろから見たところ。街を見渡すことができてなかなか気持ちが良い。

 あとは街中のカフェで日の高いうちから酒を飲んだり、裏通りを散策したりして、ゆっくり過ごしました。面白い店がたくさんあったな。ちょこちょこと細かい買い物をしたので、帰りは結構な荷物になってしまいました。

しかしまあよく飲みよく食べました。1日5食。アイアンマン後だから、どんなに食べても平気です。
裏通りの散策もまた楽し。
こんな乾物屋さんを見付けました。ドングリなんかも売っています。ここではハーブを浸けたオリーブオイルを買いました。
所変われば言葉も変わる。結構な頻度で見かける、「BINBO」なるブランドの配送車。英語のスラングでも決していい意味では有りませんが(美人だけどバカとかそういうニュアンス)、結構歴史のあるパン(https://bimbo.com/)のメーカーだそうです。しかしビンボーとはねぇ(笑)

 というわけで本編へと参りましょう。

 先般お伝えしました通り、ミシュランがおフランスはラドゥーに新設した、大型R&D施設の開所式に行って参りました。