「カッコいいでしょ、今回のプリウスPHV」

「プリウスPHVは、EVの良さと、エンジンの良さをより高い次元で実現しました」

:今回のプリウスPHVのポイントは、新しい大きなチャレンジとして、EV走行の距離をうんと長くしたところにあります。実は私も前モデルのPHVのユーザーなんですけれども、現行のEV走行可能距離が20キロっていうのは、何かちょっとね。

F:短いですか。

:そう。やはり20キロではちょっと足りない。これが60キロにまで伸びてくると、使い勝手もグッと変わって来る。EVとして安心して走れる距離になるのだと思います。

 EVは良いクルマです。とても良いクルマなんだけれども、普通のクルマの使い方をされる方からしてみれば、やはり航続距離が不安なんですよね、正直な話。

 電気残量のメーターも信用ならない。エアコンをつけた、止めたで簡単に残量が増えたり減ったりする。乗り慣れたガソリン車のメーターは、ずっと減っていくものです。途中で増えたりすることが無い。だから殆どの人は、そうした残量計のことも含めて、EVに慣れていない。

F:なるほど。

:一方で、深夜に帰宅して家の駐車場に入れるときなどはとても良い。EVは殆ど音がしませんからね。深夜でもご近所の家に迷惑をかけることもありません。そういう意味で、EVの良さとガソリン車の良さをうまく合わせた、今回のPHVのメリットは非常に大きいんじゃ無いかと思います。EVの良さと、エンジンの良さをより高い次元でね。

F:イイトコ取りしたという。

:そう。何となくEVとガソリン車を足してみて、「良いよねー」じゃなくて、両方のクルマの良さを際立てた形のクルマに仕上がりつつあるんじゃないかなと思います。

 それにカッコいいじゃないですかこのクルマ。ねえ。

F:そうですね。普通のプリウスよりこっちのほうが見た感じカッコいいですね。

D豊島:このクルマは、最初から社長に「デザインでPHVらしさを出せ」と言われていたんです。

:そう。後ろに「PHV」って書くだけじゃダメだよと。パッとひと目見て、すぐにPHVと分かるようにしなければイカンよと言っていました。

F:後ろのガラスが凄いです。あとフロントの顔つき。目付きなんかMIRAIにそっくりです。

D豊島:MIRAIは水素自動車なので、空気をたくさん吸い込むイメージを演出する必要があった。だからグリルもガバッと口を大きく開けています。こっちはPHVだから、そうした「吸ってる感」は要りません。その辺りを、社長からヒントをもらいながらデザイナーと詰めていきました。

:ああしたデザインは、やはり未来を感じさせるじゃないですか。内装もそうでしょう。大きなモニターとかも含め、未来のイメージを牽引していくのも、このプリウスPHVとかMIRAIとかの大きな役割の一つだと思っています。

 以前、ソアラというクルマが有りました。新しい技術、先進的な装備を全て搭載した、まさに次代のトヨタを象徴するようなクルマでした。今はPHVとか、MIRAIとかね、こういうクルマが、そうした未来を見せていくショーカーじゃないかなと僕は思うんですよね。

ズラリと並んだプリウスPHV。「イー」をしていた水素自動車MIRAIが口をすぼめたような印象だ。