みなさまごきげんよう
 フェルディナント・ヤマグチでございます。

 性懲りもなく、今年もアイアンマンレースに出場して参りました。

 一昨年のフランクフルト、昨年のコペンハーゲンと続けて挑戦してきたヨーロピアンチャンピオンシップシリーズ(名前は大仰ですが、基本的には誰でもエントリー出来ます)。今年はアイアンマンバルセロナへの出場です。

最近仲間内で飛行機でバイク搬送中に破損事故が相次いだため、乱暴に扱われても安心なハードケースを用意しました。羽田空港にて

 「世界最大」を謳うこの大会。参加人数は実に3000人超!これだけの人が長丁場を戦おうと言うのですからね。ヨーロッパ人のスポーツ好きはハンパではありません。

大会前日に行われるブリーフィングもご覧の通り大混雑。英語による説明会は特に混んでいました。この規模の説明会が一日に何度も行われるのですからえらいもんです。
入口前はご覧の通り長蛇の列。みなさん文句も言わずにニコヤカに並んで居られます。

 海は穏やかで流れもなく非常に泳ぎやすかった。バイクコースもまた滑らかな路面で安心して飛ばすことが出来ました。新車効果は抜群で、180kmの長いコースを平均時速33キロで駆け抜けることが出来ました。メイストームのメカニック諸侯、ありがとうございました!

 バイクで突っ込みすぎたこともあり、ランは後半見事に失速してしまいました。最後の方はキロ7分も掛かっているのですから話になりません。

こんなことをしているからいつまでたっても速くならないのです。後ろの外人さん、呆れ顔です。

 終わってみれば11時間19分とナカナカの成績でした。このタイムなら上位1割位のポジションだろう…と淡い期待を持ちながら成績表を見てみたら……なんと総合で1000位。3000人中の1000位です。話になりません。更にエイジ別は80位と、相対的に見れば「惜しくも何ともない」凡タイム。いやはや、欧州レースの何とレベルの高いことよ!

ともに戦ったALAPA、そして兄弟チームM.I.Tの面々と。参加者全員が完走するという目出度い結果となりました。

 さてさて、軽くヨタを飛ばしたところで、トヨタ・豊田章男社長スーパーインタビューの最終回と参りましょう。