みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。

 最近インタビューづいておりまして、東京オリンピック開催に際しての「フードビジョン」について、学校法人服部学園 服部栄養専門学校理事長・校長の服部幸應先生からお話を伺ってきました。こちらはマガジンハウスの『Tarzan』で10月中にお届けする予定です。

トレードマークのマオカラースーツでインタビューに応えて下さった服部先生。全て具体的な数字でお話し下さるので、実に分かり易い。

 東京オリンピックは日本の食文化を世界に向けて発信する又とないチャンスです。

 しかし一方で話が「オーガニック」や「サスティナビリティ」に及ぶと、途端にお寒い現状が明らかになってくる。先進国でも最低レベルのオーガニック耕地面積等、農作物をはじめ肉も魚もオーガニック率は非常に低いのだそうです。たくさん勉強させて頂きました。

 こちらは紳士服のコナカが、青山に開く新形態のお店、DIFFERENCE。失礼ながら安価な量産型スーツをロードサイド店で大量販売するイメージの有る同社ですが、実は以前からオーダースーツのお店も展開していたのだそうです。そのビジネスをイチから見直して、新たにフラッグシップとして立ち上げたのがこちらのDIFFERENCE青山店。私も早速1着オーダーして参りました。

DIFFERENCE事業を統括する中嶋さん。生地選びはもちろん、裏地やボタン選び、また袖口の処理まで、納得行くまでトコトン付き合って下さいました。

 一度採寸してしまえば、次回以降はアプリで注文できるところもナイス。スーツを作るのに、毎回そうそう時間は割けませんからね。スーツの生地は平米あたりの重量や糸の太さ、また縦横の糸の撚り方により風合いが違って来るのだそうです。いや、こちらも勉強になりました。

宝石箱のようなキレイな箱から裏地とボタンを選びます。キチンと採寸してスーツを仕立てるのは久し振りです。仕上がりが楽しみ。
湖中社長、中嶋部長と。しかしワールドとブルックスブラザーズの対面にスーツの店を構えるとは、チャレンジグでございますなぁ(笑)。

 この記事が公開される頃には、既にレースも終わっておりましょうが、今年もアイアンマンレースにチャレンジしてきます。毎度の事なのですが、今年の練習不足はいくら何でも酷すぎる。今さらジタバタ走ったりしても手遅れなので、大人は道具で解決します。ということで困ったときのメイストーム。

メイストームのスタッフ諸侯。長時間ありがとうございました。道具に負けないよう頑張ります!

 キャノンデールの旧型スライスRS。確か日本では未発売のブラックインクモデルです。この組み立ての異様に難解な、複雑怪奇なバイクを3人がかりで苦心惨憺組み上げて頂きました。ありがとうございました。

ホイール込みの重量は実に8.44kg!!空力は良いが重くなりがちなTTバイクでこの重量は破格というものでしょう。あとは乗り手次第です。もはや言い訳は出来ません……。

 さてさて、それでは本編へと参りましょう。
 トヨタ・豊田章男社長スーパーインタビュー第6弾です。