みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。

 以前チラッとお話しておりましたタイヤ特集が、思いもよらない形で実現することとなりました。冬にスタッドレスタイヤを買いに行ったら、「メルセデスのGクラスみたいに重いクルマはミシュランが良いよ」とタイヤ屋のオヤジさんに勧められて、言われるがままに装着したのがミシュランタイヤとの付き合いの始まりです。

深い雪でもグイグイ走るミシュランのスタッドレス、本当にこれにして良かった。

 雪上走行の写真をヨタに上げたらミシュラン広報の方からメールが来て「飲みましょう」と。良いコネが出来たので工場見学をさせて欲しいと頼んだのですが、日本での生産は6年も前に撤退してしまい、今では見学の難しいR&D部門しか残されていない(日本の雪道は世界的に見ても特に条件が厳しいので、R&D部門は残っているのです)。

 それから半年余り。本家本元、フランスの研究開発拠点が大規模な投資を行い、リニューアルオープンするという話が舞い込んで来たのです。これは見学に行くしか無い。

こちらが新しくオープンした研究所の内部です。自然光をふんだんに取り入れてあちこちに植栽が有って、フランスの建築は実にセンスが良い。

 我々は当日会場で初めて知らされたのですが、めでたい開所式では、何とマニュエル・バルス首相も訪れてスピーチをするのだという。

 ロシアや韓国は大統領が圧倒的な権力を持ち、首相はオマケみたいなものですが、ことフランスに関して言えば首相は結構な力があります。外交は大統領で、内政は首相が担当というイメージでしょうか。

 で、悪いことにこの日はオランド大統領の社会党政権が推し進める労働法改革に反対する大規模なデモがフランス全土で行われていた。パリでは暴徒化したデモ隊が投げつけた火炎瓶で警官が火傷を負うなど、朝から大変な騒ぎになっていたのです。

 研究所があるのは田舎町。まさかこんな所に……と思いきや、ちゃんと来ていました。共産党が母体と言われる仏最大の労働組合組織、フランス労働総同盟(CGT)のみなさまです。首相が来るなら彼らも騒ぎ甲斐があるというものでしょう。

バルス首相は、オランド大統領と同じ社会党の所属です。もともとは学生組合の出ですから、CGT側としても「何でお前が」という思いもありましょう。敵意むき出しの集団の中をクルマで走り抜けるのは少しスリルが有りました。
研究所の門に近付くと、怖い顔をした警官がすっ飛んできました。ショーファー(お抱えの運転手)が何やらフランス語で捲し立てて事無きを得ましたが、ともかく偉い剣幕でした。
入場のボディチェックもえらく厳しいものでした。チェックの人は最後に笑いながら私の腹を拳でポンポンと叩いたのですが、いったい何を言っていたのでしょう。フランス語はまったく分かりません。
スキンヘッドのSPが怖い顔をして周囲に目を配っています。「この植え込みから先には入るな」みたいなことを言ってカメラマンと押し問答になっていました。

 こちとらせっかくフランスくんだりまで飛んで来たのです。首相のご尊顔くらいは拝みたい。怖い顔のSPさんに「Photo photo!」と言ったらアッサリ通してくれました。シロート強し。何でも言ってみるものです。

真ん中の小柄な人がバルス首相です。

 ということで、章男社長のロングインタビューが終わり次第、ミシュラン本社研究所開所記念稿を上げたいと存じます。