「悪いけど、レクサスは絶対に負けないから」

「モリゾウなら、他車のクルマだって、良ければベタ誉めします」

:よく「こういうのを選んでくれませんか?」って僕の所に持ってくるのだけど、それは当たり前だから。当たり前の正規軍だから。それは普通に会社に任せておけば良いんじゃないかと思いますね。

F:もうちょっとゲリラ兵を育成したいという感じですか。トヨタの社中に。

:うん。そういう意味では、モリゾウは完全にゲリラですからね。“豊田章男”はトヨタの社長です。だからトヨタ車に対するコメントと、他社のクルマに対するコメントとでは、多少の色が付いて違うニュアンスになってしまっているかも知れない。

 でも、モリゾウは関係ありません。別に色は付いていません、だから何でも好きなことが言える。例え他社のクルマだって、乗って良ければ「良い」と正直に言います。

F:モリゾウなら他社のクルマをベタ褒めしても構わない。

:ぜんぜん構わない。先日もお台場のBMWに行ってきたのですが、あれは素晴らしかった。M4を用意してくれていたのだけれど、僕が乗ると、ちょっと問題が有るでしょう(笑)

このクルマで、「BMW GROUP Tokyo Bay」のスキットパッドを楽しんだ

F:レーサーのモリゾウだったら飛ばすし(笑)

:そう(笑)。でも「いや、もう自由にやってください」と言ってくれて。それなら、とスキットパッド(試験路)を自由に走らせてもらって(笑)。お台場のBMW、良いですよ。ウチのお台場と違って、あそこはクルマも売っていますから。

F:そうか。トヨタのお台場は、試乗はできるけれども車両の販売はしていない。BMWは言うなれば展示即売会場なんですね。

:そうそう。MEGA WEBはクルマを売っていないんです。BMWさんの方ではオリジナルのBMWも、Mブランドも、それからアパレルまで売っている。立派な試乗コースも有りますしね。凄いですよ。

章男社長が高く評価するお台場の「BMW GROUP Tokyo Bay」

F:なるほど。

:あんまり凄いから、最後に「今度レクサスと競争しようね」って言ってきました。「悪いけど、レクサスは絶対に負けないから」って(笑)。そうしたら向こうも、「俺たちもレクサスには負けないから」って言い返してきて(笑)。

 そういう競争は、僕はとても良いんじゃないかと思います。そういうことを言い合える仲というのは、自動車業界には多少必要ではないかと思いますね。

BMWとレクサスの真剣勝負。これは是非見てみたい。「負けませんよ。絶対に」と不敵に笑う章男社長の笑顔が印象的だ。