みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。

 しかし今年の夏は大変な荒れようでございますね。二度目の梅雨が来たようにダラダラと長雨が続いたと思ったら、今度は記録的な猛暑続き。山手通りの下を走る首都高山手トンネルの中を走っていた際、ふと温度計を見たら、何と43℃(!)を指しています。エアコンの効きが悪いクルマで渋滞に巻き込まれたりしたら、マジで危険なレベルです。古いMINIに乗っている方は、渋滞情報を見てから出かけること吉であります。

暑い日が続いておりますが、山手トンネルの中の温度は何と43℃!古いMINIに乗っている方は、渋滞情報を見てから出かけること吉であります。

 そんな不安定な天候の中、元ホンダのエンジニア、繁浩太郎さんにご招待いただいて、神宮花火大会の見物に行ってきました。前の日に開催された多摩川花火は、大雨と落雷のため直前に中止になってしまったので、まさかこちらも……と気を揉んでおりましたが、杞憂に過ぎませんでした。

 花火の後は繁さんの超絶ギターテクなどもご披露いただき、楽しいひと時を過ごしました。繁さん。ありがとうございました!

元ホンダのエンジニア、繁さんと。今のホンダの利益の根幹となるクルマを作った大変なお方です。

 小型船舶の免許を取得するために、ヤマハのボート教室に行ってきました。今は制度が変わって、ボートの免許を取得しても、ジェットスキー等の水上バイクには乗れないんですね。それすらも知りませんでした。友人からは「何?ボート免許?楽勝楽勝。だって合格率は96%だぜ」、と軽く聞いておりましたが、どうしてどうして、海図の勉強なんかマジで難しい。選ばれし4%にならぬよう、しっかりと勉強します。

横浜ベイサイドマリーナのヤマハボート教室で実技講習。教官の先生が美人で嬉しいです。

 しかし船舶向けの燃料って高いんですね。リッターあたり50円は高い。500リッター積みの大型ボートなんかを満タンにしたら、あっという間に10万円近く行ってしまいます。陸上のスタンドでタンクに入れて、コッソリ持ち込んだら……なんてよこしまなことを考えましたが、もちろん燃料の持ち込みは禁止です。

驚きました。海の燃料は高いです……。

 ということで本編へと参りましょう。MINIのインポーターインタビュー最終回。MINIデイビジョン プロダクト・マーケティングマネジャーの生野逸臣さんと製品広報マネージャーの前田雅彦さんのインタビューの続編です。