「全てのネジ穴をパッドで押さえた上で部品を締めている」

F:新しいプリウスはモーターだけの走行からエンジン走行への移行が本当にスムーズになりました。走行感が自然ですし、エンジンがかかる音も本当に良く抑えこんである。何と言うのかな、繋目がなくシームレスにいつの間にかエンジンが回っているという感じです。

豊島さん(以下、豊):「ハイブリッドであること感じさせない」というのが開発に際してのキーワードですからね。音も振動も極力押さえ込んでいます。

F:それは防音材、防振材をふんだんに使って……。

:いえ。重たくせずに静かにさせたいので、僕ら防音材の使用は最小限にしています。騒音の発生源は様々ですが、特にモーターは高周波の音を出すので、それが響いてくる。ちょっとでも穴が開いていると、音はそこから侵入して来るんです。

 これを抑えこまなきゃいかん。だから今回は徹底的に穴埋めをしています。全てのネジ穴をパッドで押さえた上で部品を締めているんです。

F:ネジ穴はネジを締めれば自然と音漏れを防げるものではないのですか。

:いや、ネジを締めてもそれだけじゃダメです。横にちゃんと吸音材が付いてないと音は漏れます。ワイヤを貫通させる部分も、前のモデルでは貫通穴に吸音材を付けてワイヤを通していましたが、今回は入れた後にちゃんと隙間が出ないように蓋をして、音が入ってこないよう処理しています。そんな細かい作業を、穴という穴全てに一個一個やっています。

F:ネジ穴からワイヤを通す穴まで全て防音パッドで蓋をする。それで音は変わるものなのですか。

:変わります。大きく変わりますね。重たくせずに静かにするには、そういう細かいことをコツコツ積み上げていかないといけません。

F:車内にドーンと重くて大きい防音材を入れてしまえば楽だけれども。

:楽だけれども、でそれじゃ一旦入れた音を抑えこんで静かにさせているだけです。ハナから音を入れない工夫をした方が、やはり効率が良い。でもそれをどんどん突き詰めていくと、“クルマとしての効率”は良くなりますが、今度は“作る効率”が悪くなってしまう。

「いや、それはトイレではなく普通の場所で(笑)」

F:なるほど。すると現行のプリウスは、先代よりも製造に手間がかかる。作るのがメンド臭いということですか。

:放っておけばそうなります。だから、工場を含めて一緒になって、作業量を増やさずに、いかに効率良く作って行くかということを、みんなで知恵を出し合いながらやって行く訳です。

 プリウスはTNGAを採用した初めてのクルマ。TNGA一号車です。でもその前に「良いクルマ作り」の第一号車でもあるのです。社長が立てた「もっと良いクルマ作り」という旗が有るのですが、プリウスはその第一号車です。

F:章男社長が立てた、「もっと良いクルマ作り」という旗。4代目プリウスは、その一号車に当たるのですか。

:そう。僕がプリウスの開発を拝命した時、社長にこんな事を言われました。「君は3つの苦しみを背負っているから」と。一つがプリウス4代目へのモデルチェンジ。これは難しいですわね。二つ目が社長の言う「もっと良いクルマ作り」の一号車。そしてTNGAの初採用。「この三重苦を君は背負っているから頑張ってね」、と(苦笑)。

F:頑張ってね、ってそんな(笑)。それは章男社長から直接言われたのですか。

:もちろん直接言われました。

F:それもやはりトイレで。

:いや、それはトイレではなく普通の場所で(笑)。会議の場で、みんなの前で言われました。

 いいか、今度のプリウスはそういう重荷を背負っているクルマだぞ。軽く考えるなよ。ちょっとやそっとじゃ開発できないぞ。長く考え、深く考えなければいけないぞ、と。社長はそういう意味で私に言ったのだと思います。

F:しかもみんなの前で。