:ウィンカーを出さなければ、車線をキープしようとするので戻りますし、ウィンカーを出して意思表示をすれば、ちゃんとクルマが後方を監視しながら車線変更が可能です。

F:あ、何事もなく車線変更しているようでいても……。

:はい、クルマはちゃんと後方の安全を確認しています。安全だから黙っていただけなんですよ(笑)。

F:知らなかった。見られてたのか……。

:そういった先進技術をLSに積極的に投入しなきゃいけないということもあって、私がCEにアサインされたのだと思います。

F:なるほど。それで、いかがですか。レクサスの最高峰。センチュリーという特殊なクルマを除けばトヨタの最高峰のクルマのCEを務めるということは。

:私がLSのCEを任命されたのは2014年のことなんです。それまではちょうど今年国内発売が始まるレクサスのESをやっていました。

F:昔は日本でも「ウィンダム」として売っていたクルマですね。ESを日本で売って、そのかわりGSがラインナップから外れると聞きました。

:それは違うと思います。GSは継続します。

F:ありゃ。ガセネタかな。ともかくLSの前は輸出用のESをやっておられた。

:はい。ESをやっていました。そして2014年に、「次は君LSだからね」というふうに言っていただいて……。

震える膝に力を込めて

F:その時はどのように感じましたか。

:レクサスフラッグシップの担当ですからね。やはり相当なプレッシャーを感じました。

F:そりゃそうですよね。トヨタグループ全体の金看板の責任者。そりゃプレッシャーがありますよね。

:正直膝が震えました。ええ、本当に私にそんな……レクサスのフラッグシップを……下手をすると日本を代表する高級車になるじゃないですか。そんな大変なクルマの開発が、果たして自分なんかに務まるだろうかと、正直不安なところもありました。でも逆に言えば、こんなビッグプロジェクトを任されることなんて、一生に一度あるかどうかも分からない。そうも思いました。

F:そうですよね。エンジニアだからって、誰もが担当できるわけじゃない。

:はい。だからもう本当に、これは自分の人生のためにも、そしてお客様のためにも、しっかりハラを決めてやるべきだと決心して、この任命を受けたということなんです。

 自分の人生のためにも、お客様のためにも、しっかりハラを決めて最高のクルマを作ってやる。コメント欄においでのトヨタ嫌いの読者諸兄。マツダやSUBARUと比べて、銭勘定ばかりに熱心で、肝心のクルマ作りがお座なりだと批判一辺倒のコメント諸兄。トヨタ(レクサス)にもこんなに熱いエンジニアがおられるのですぞ。

 エレキ出身の熱きCE旭さんのお話は次週に続きます。
 お楽しみに!