みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。

 暑いですね。ボヤいても何の解決にもなりませんが、ともかく暑い。
 そしてこんな時に実にタイミングよく壊れてくれるのが電化製品です。

 あろうことか寝室とリビングのエアコンが同じタイミングで不調になりまして、設定温度を16度にしても一向に涼しくならないていたらく。フィルターを清掃しても室外機の上部を濡れタオルで覆っても(暑い日には意外と効くらしいです)外気温と変わらぬ温風が盛大に吹き出してきます。部屋の中はまさしく灼熱地獄。寝室のエアコンは10年選手ですから、そろそろ寿命と納得もできますが、リビングの方は交換してから5年しか経過していないのです。所謂“ハズレ”を掴まされてしまったのでしょうか……。

 業者に電話をして大至急交換を依頼するも、「最短で8月15日以降になりますね」と冷たく宣告されてしまいました。「何しろこの猛暑で注文が相次いでいまして……取付業者さんも予約で一杯なんですよ」と。

 この暑さではとても眠ることなどできません。緊急避難として、狭い書斎に布団を持ち込んでゴロ寝しています。あと2週間以上もこの生活が続くのでしょうか……。

 さてフェル号です。車検&精密検査の結果、「機関良好。足回りも問題なし。いいクルマを買いましたね」と名医からお墨付きをいただきひと安心。

ポルシェの名医、シンリュウさんで精密検査を受けるフェル号。

 とはいえそこは10年落ちの中古車です。油脂類フィルター類を全交換。溝はたっぷり残っていますが、タイヤも近々交換の予定。ホイールはいろいろ悩んだ末にRAYSの鍛造に決まりました。

 ナビも古いので、Bluetooth対応の新しいものに交換します。この辺はあまり強いコダワリがないので、店に行って現物を見てピンと来たものを選ぼうと思います。

 オッサン4人が集まってむさ苦しい暑気払い……に見えますが、私以外のお三方は、いずれも50を過ぎてからもスピードを緩めず先端を走り続けるパイオニアです。

 右は講談社から「もう一度ジャーナリズムを見直したい」と某メディアベンチャーに移籍した瀬尾傑氏。彼はもともと日経BPの出身で、ジャーナリスト志向の強い人間です。今後の某メディアベンチャーに注目しましょう。これからオリジナル記事が出るかもしれません。

 赤シャツの御仁はリクルートホールディングスの執行役員を退任し、新会社Tommyを立ち上げた冨塚優氏。「あくまでも個人会社」と謙遜しておられますが、何しろ“元リク”の鍛え抜かれた営業マンですからね。突破力がハンパない。現段階で詳しいことは書けませんが、キーワードは「インバウンド」と「コト消費」。こちらも楽しみです。

 そして『小泉進次郎 日本の未来をつくる言葉』を物したフジテレビの鈴木款氏。氏は昨今の進次郎ブームに安易に便乗したのではなく、フジの赴任先だったNYで、同じくNYに留学中だった進次郎氏の出馬宣言に居合わせて以来の進次郎ウォッチャーです。進次郎氏に関しては、いささか“人気先行”の感もあったのですが、なるほど確かなヴィジョンを持っておられる。総理の資質は大いにアリと見ました。

 ということで本編へとまいりましょう。