みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。
 今回も明るく楽しくヨタ話から参りましょう。

 緊急告知!
 来たる8月6日(日)に、下北沢のB&Bでトークライブを行います!
 時間は19:00~21:00です。つい先程決まったので、申し込みフォーム等の詳細は次号でお知らせします。とりあえず予定をブロックしていて下さい。あ、今回はクルマの話ではなく、cakes連載の人生相談系です(笑)。

 “日本一売れている自動車専門誌”としてその名も高いベストカー(講談社刊)で連載することが正式に決まりました。当初は「しばらくはお試しで書いてもらって、読者の反応を見ながら連載にするかどうか決めましょう」との話だったのですが、テスト版を一回入稿したら、イキナリの連載決定となりました。

 ベストカーへのフェル登場は、読者からよりも、むしろ業界筋がピクピクっと反応されたようでして、影響力の大きな専門誌にフェルがしゃしゃり出て来ることを快く思われない“専門家”の方も複数いらっしゃるとのこと。白黒ページの小さなコラムに、そう目くじらを立てなくてもようござんしょう(笑)。連載のタイトルは、「フェルディナント・ヤマグチの自動車寅さん」です。今日は東よ、明日は西、と国内外をフラフラしながら、路上観察日記的なコラムにしていくつもりです。

ベストカー編集長の本郷さんと、ジャンケンで負けて不幸にもフェル担となった渡邊さん。渡邊さんはフルマラソン初挑戦でサブスリーを達成したエリートランナーです。3時間を切るのは全ランナーの内の上位3%と言われています。凄い!

 今週もまたトライアスロン大会に出場して来ました。香川県は高松市。サンポート高松トライアスロン大会であります。

山本淳一コーチ率いる練習仲間のみなさまと。安田団長はガチでレースに取り組んでおられて、本当に速いです。

 大会当日の朝に、何とバイクのコース上で交通事故が有りまして、事故車両から液体が盛大に漏れ出すというハプニングが有りました。運営側の苦渋の決断で、コースが一部変更され、結果バイクは35キロに短縮されることになりました。1年がかりで準備を進めてきて、本番前にこれだもんなぁ……。ホント、世の中何が起こるか分かりません。大会本部のみなさま。審判団諸公。本当にお疲れ様でした。

何も今日この場所で事故らなくても……ねぇ。
コースが短くなっても辛いものは辛い。今回も順調に死にました。

 それにしてもこの大会。年々運営が洗練されていきます。いまや日本一スムースな運営と言っても過言では無いでしょう。参加申込選手数626名。出走選手数479名。完走選手数429名。大会を支える運営スタッフの数は、実に2151名にも及ぶそうです。それを取りまとめる実行委員長は、今年も香川トヨペット社長でボルボ・カー高松も率いる灘波博司氏。今年もお世話になりました。

サンポート高松トライアスロン大会実行委員長のモモちゃん……ではなく難波さん。良い大会でしたねー!来年もよろしくお願いします!

 最後にこちら。幼稚園からの同級生である入江伸子が都議会選に都民ファーストの会から立候補し、見事にトップ当選を果たしました。定期的に集まる同級生の会でお祝いの乾杯を。これから気安く「伸子」なんて呼べなくなるのだなぁ……。ともかく秘書を罵倒するのだけは止めてください(笑)。今回の選挙では、同じく都民ファーストの会から立候補したトライアスリートの白戸太郎氏も見事に当選して、何だか近しい人がどんどん政治の世界に入って行きます。

伸子先生おめでとうございます。ミスDJとして一世を風靡した千倉真理。窓際OL(本当は偉い)として週刊新潮で活躍した斉藤由香。僕らみんな同級生なんです。それにしても選挙が終わったらイキナリ党首交代とかどうなっているんでしょう……。