サニーと言ってください。ウチは日産です。

F:なるほど。ある意味カローラ的な存在ですものね。

:例えるならサニーと言って下さい。ウチは日産です(苦笑)。

F:やや、失礼。一種サニー的な。

:より多くのお客さまに乗っていただくには、はい。あと、なぜマイナーチェンジの時に新しいシステムを載せたのか、という質問に対するお答えです。僕らパワートレイン開発の立場から言うと、全部ブランニューでやるよりは、このように途中から載せるほうが逆にやりやすい、ということもあるんですよ。いろんな意味で。

F:へー?

:ガソリンエンジンの開発をしているときも、新しいエンジンをマイナーチェンジのクルマに載せたことが何回もありました。今回はシリーズハイブリッドと僕らとしても新しい取り組みだったけれども、新しいエンジンをマイナーチェンジ時に載せちゃうというのは、実はよくある話なんです。

F:ほー。意外です。すごく意外。

:もちろん専用設計じゃないから、スペース的に苦労はしましたよ。もともとはエンジン用に作られたクルマなんですから。それなりの苦労はありました。でもそれよりも苦労したのは、クルマを仕上げていく方ですね。そのほうが全然大変だった。

F:「仕上げ」ですか?

:ええ。電動車じゃないですか。だからぱっと試作で1台作って乗ってもらうと、それなりに走っちゃう訳ですよ。最初から。何しろモーターですから。すると、「なんだ、もう出来上がってるじゃん。このままで良いじゃん。売れるじゃん」という話になっちゃうんです(苦笑)。

F:なるほど。売りたい方はすぐ売りたい。「さっさと売れ」「まだです、まだです」のせめぎ合い(笑)。

:そうそう。ちょっと待ってくださいと(苦笑)。実際にエネルギーマネジメントは、いつ発電していつ止めるかとか、エンジンを回しに行って、そこからのパワーのつながりで段差なく連続的にやるにはどうするかとか、ワンペダルでの減速の作り込みとか……。クルマを仕上げていく上での作り込みって、フェルさんが思っている以上に大変なんですよ。僕ら、結構いろいろやってるんですよ(笑)。

次ページ クルマを作るのはみんな大変です。