フォレスターの開発者インタビューは、5代目のワールドプレミアとなったニューヨーク国際オートショー2018で、展示車を目で見て手で触りながら行われた。

 お話を伺うのは、商品企画本部プロジェクトゼネラルマネージャー 布目智之氏である。

ニューヨークショーでアンヴェールされた直後の5代目フォレスター。報道陣に囲まれもみくちゃにされている。

F:はじめまして。フェルディナント・ヤマグチと申します。ショー直後のお忙しい時にお時間をいただき恐縮です。

:こちらこそ。よろしくお願いします。

F:フォレスターは「世界で一番売れているSUBARU車」です。文字通りSUBARUの屋台骨を支えるクルマで、先代はモデル末期になり、5代目の発売が発表された後も着実に売れ続けた人気車種と聞いています。

:はい。おかげさまで先代はよく売れました。私は先代の後期マイナーチェンジから開発を担当しています。

F:なるほど、先代の後期からご担当を。フォレスターが明日のSUBARUの命運を握っていると言っても過言ではありません。そんなクルマのモデルチェンジとなると、どうしても大きく変更しない、所謂「キープコンセプト」に走りがちになると思うのですが、実際に5代目はどうなったのでしょう。

:はい。ご指摘の通り、モデルチェンジに際して「変化をどこにつけるか」というのはとても大事なことです。どこをどのように変えるのか。我々はそこを、メーカーが押し付けるのではなく、お客様が必要なものをご提供しなければいけないと考えています。

 ですから新型の開発に際しては、フォレスターの先代ジェネレーション4だけでなく、他社さんのSUVも含めて、これからの世の中は、このクラスのSUVに何を求めているかということをリサーチすることから始めました。調査結果から見えてきたのは、ジェネレーション4は、視界の良さとか、空間がゆったり使えるとか、取り回しがいいとかいう、「クルマの基本性能」が高く評価されているということでした。

F:クルマの基本性能。

:そうです。当たり前の基本性能。ここをキッチリと守らなくてはいけない。他社さんのSUVに乗るユーザーも同じ意見でした。SUVにとって、視界は非常に重要です。デザインを優先して、視界を犠牲にするようなことは絶対にしてはいけないな、と。

 そしてもうひとつがドライバー以外の乗客の快適性です。運転する人が安全で快適なのはもちろんですが、SUVは奥様とかお子さまとか、パッセンジャーと一緒に乗るケースが非常に多い。ドライバーが楽しいだけじゃダメなんです。一緒に乗る方がやっぱり快適で楽しい、そういうクルマであるべきだと。これは日本だけでなく、グローバルで多くいただいた意見です。

F:それは「5代目は後部座席の快適性が向上した」という意味ですか。

:そうですね。後部座席。それが我々が大きな開発課題として掲げたもののひとつでした。一緒に乗る方々の成長を見守りながら新しい体験をどんどんしていく。そこに楽しさや喜びを感じる……そういう方々が、お客様の中にたくさんいらっしゃいました。このクルマを見て、このクルマを使って、家族や仲間の成長がちゃんとイメージできる。そんなクルマにしていきたいと思って作り込んでいきました。

F:クルマから「成長」がイメージできる。なるほど。

視界は4代目と同等を確保

:アドベンチャーという言葉がありますね。フォレスターに乗ることで、次のアドベンチャーが得られるという期待感。それがキチンと持てるようなクルマにしていきたい。視界の良さも後席の快適性も、全ては「冒険に対する期待感」を高めるためのパッケージングです。

F:ではその肝心の視界について伺います。新型は先代と比べて同等かそれ以上の視界が確保されているのですか。

:視界に関しては、ほぼほぼ同等です。元々ジェネレーション4が非常に高い視界性能を持っていたので、そこを犠牲にしないで、先ほどの付加価値を加えるように設計しました。

F:新型を見ると、後ろの窓の後端部分がキュッと上がっています。後方斜め視界が悪くなっているということはありませんか。

:そこは問題ありません。キュッと上がるポイントをちゃんと考えて、見たいターゲットに対してキチンと見られるように作っていますので。

F:なるほど。では後席の居住性はどうでしょう。前よりも広くなっているのですか?

:もちろん前よりも広くなっています。この部分はやはりホイールベースが効いてくるのですが、新型は前よりも30mmホイールベースを延長しています。その30mmの寸法を、そっくりそのまま後席スペースに使わせてもらっています。