:そうですよフェルさん。ウチの社員が銀行員みたいとか、あそこはお役所みたいだとか書くのも止めて下さいよ。ちゃんと真実を書いてくださいよ。

担当編集Y田:申し訳ありません。私からもよく言って聞かせます。キチンと管理しますんで。

ADフジノ:私もちゃんと原稿を見ますので。どうか今回ばかりは。

 ううう。フェル旗色悪し。どうして取材先で身内からもボコられなければならないのでしょう。

 ということでまた来週―!

86GRMNを生んだ「元町工場」から次期スポーツカーも!?

こんにちは、ADフジノです。

もりあがっております86GRMN編ですが、さて社長インタビューは実現しますでしょうか。乞うご期待です。ところで本編で多田さんが「一緒にBMWの工場に行った人がここの工場長になって~」と話をされていますが、その方は元町工場24代目工場長の二之夕裕美さんです。この取材時に少しお話をうかがいましたので、ここに紹介しておきます。

元町工場工場長の二之夕裕美さん。正式には生産管理本部物流領域長兼高岡工場長、元町工場長兼TPS推進センター、と2つの工場長とそれ以外の役職も兼任するという重責を担われています。多田さんいわく「トヨタ生産方式の伝道師」なのだそうです。
元町工場工場長の二之夕裕美さん。正式には生産管理本部物流領域長兼高岡工場長、元町工場長兼TPS推進センター、と2つの工場長とそれ以外の役職も兼任するという重責を担われています。多田さんいわく「トヨタ生産方式の伝道師」なのだそうです。

ちなみにトヨタは国内に12の工場をはじめ、トヨタ自動車九州、トヨタ自動車北海道、トヨタ自動車東日本、トヨタ車体の4つの子会社を合わせ16の生産拠点をもっています。

元町工場は、1959年に初の乗用車専用工場として建設されたもので、以来14代にわたって歴代クラウンを作り続けています。また近年はマークXやエスティマ、レクサスGS、MIRAIなどもここで生産されています。

元町工場の一角に飾られている歴代工場長のサイン。ちなみに初代工場長は豊田章男社長の父である、豊田章一郎名誉会長。「感謝」と綴られています。
元町工場の一角に飾られている歴代工場長のサイン。ちなみに初代工場長は豊田章男社長の父である、豊田章一郎名誉会長。「感謝」と綴られています。

一方でこの工場ではソアラやスープラ、初代プリウスなどスポーツカーや実験的なクルマを作ってきた歴史があるそうです。2010年から12年まではレクサスLFAのためにLFA工房という特設ラインが敷設されていましたが、その設備やノウハウを活かしてMIRAI、そして86GRMNがここで作られているというわけです。

限定100台。年間1000万台を作るトヨタにとってごくごくわずかなモデルですが、それだけに作り手1人1人にも思いが共有されているそうです。

「GRMNに携わるメンバーは少なくとも、自分でクルマを操る楽しさを知らなきゃいけないと思ったんです。だから多田さんに無理を言ってサーキットに86や競合になるクルマを用意してもらって、組むメンバーや検査するメンバー全員でスポーツカーというものを体感してから組み上げています。だからメンバーたちもボクが組んだクルマだと自信をもってくれていると思います」と二之夕工場長はいいます。

そしてLFA同様にこの86GRMNも全量検査の上、納車されるそうです。4000万円のLFAならまだしも700万円のクルマになんとも贅沢な話です。そしてこう続けます。

「社長は将来的にもスポーツカーを作っていきたいという思いは持っているので、そのとき、どこで作るのか。私が工場長でいるあいだは常に手をあげてきたい、そう思っています」

思えば2013年、トヨタはBMWとスポーツカーを共同開発することで提携しています。これは想像ですが本編にBMWの話が出てきていたように、どうやらそのモデルの立ち上げのところで開発を多田さんが、生産技術系を二之夕さんが担当されてきたということのようです。

二之夕さんはこうも話していました。

「BMWの工場を視察したことは個人的にとても勉強になりました。トヨタの生産方式はたくさんのものを高いクオリティで作るには向いているが、今回のGRMNのような設計にこだわりがあって、少量で作るのが難しいクルマには向いていないと思われがちだがそうではありません。GRMNの経験を経てスポーツカーの作り方は一歩前進した手応えがあります」。

そして多田さんが続けます。

「作り方が変われば、今度は設計の仕方もかわるのです」

さて、次は元町工場からどんなスポーツカーが誕生するのでしょうか。

2014年のデトロイトショーで発表されたコンセプトカー、トヨタFT-1。次期スープラと噂されていますが、はたまたBMWの共同開発モデルは、Z4の後継車であるZ5との話も。多田さんがZ4の話をしていることからすると・・・。
2014年のデトロイトショーで発表されたコンセプトカー、トヨタFT-1。次期スープラと噂されていますが、はたまたBMWの共同開発モデルは、Z4の後継車であるZ5との話も。多田さんがZ4の話をしていることからすると・・・。

この記事はシリーズ「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

「キーエンスOBが明かす強さの根源」、全3回ウェビナー開催

■第1回:2022年5月19日(木)19時~(予定)
テーマ:顧客の心をつかむ、キーエンスの「営業しない」営業力
講師:FAプロダクツ 代表取締役会長 天野眞也氏

■第2回:6月2日(木)19:00~20:00(予定)
テーマ:潜在需要が宝の山 キーエンスの高収益生み出す商品開発
講師:コンセプト・シナジー 代表取締役 高杉康成氏

■第3回:6月16日(木)19:00~20:00(予定)
テーマ:「キーエンス流」は世界に通じる、海外事業開拓の極意
講師:インサイトアカデミー 顧問 藤田孝氏


会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料となります(いずれも事前登録制、先着順)。

>>詳細・申し込みはこちらの記事をご覧ください。