トヨタが十数年ぶりに出したスポーツカー、86(ハチロク)。
記憶の良い読者なら、チーフエンジニア多田さんの名調子を覚えておられよう。

 今回はその86の特別バージョンである「86GRMN」の生産現場へ潜入してきたので、開発エンジニアのインタビューと併せてリポートする。

 ご存知の通り、トヨタ86はスバルの工場で生産されている。モデルに関しては「共同開発」であるが、エンジンもボディも全てがスバル製のクルマで、一卵性双生児であるスバルBRZと同じ工場、同じラインで作られている。

 例えは悪いが、先に話題となった三菱eKシリーズと、日産デイズシリーズと同じような関係だ。例えが悪すぎますか、そうですか。

こちらは86のノーマル車両。トヨタとスバルの共同開発で、生産は全てスバルが行っている。
こちらは86のノーマル車両。トヨタとスバルの共同開発で、生産は全てスバルが行っている。

 ところで86GRMNのGRMNとは何だろう。

 これは「ガズー・レーシング・マイスター・オブ・ニュルブルクリンク」の頭文字を取ったものだ。マイスターと言ってもドイツの職能的徒弟制度の親方であるMeisterではなく、英語Tuned byに当たるドイツ語でのMein Sternである。ここは本職の自動車評論家の方も多くが勘違いして居られるので注意が必要だ。

 前半二文字のGRはトヨタ車でレーシング活動を展開するGazoo Racingを、後半のMNはMein Stern of Nurburgringを意味している。英語と独語がゴッチャになっているのである。

生産台数僅か100台のトヨタ86GRMN。車両価格648万円は間違いなく日本一のお買得価格である。残念ながら、すでに完売しているそうだが。
生産台数僅か100台のトヨタ86GRMN。車両価格648万円は間違いなく日本一のお買得価格である。残念ながら、すでに完売しているそうだが。

 で、86GRMNだ。

 生産台数は僅か100台ポッキリ。1台1台がほぼハンドメイドで組み上げられる故、1日当たり2台しか生産されない超スローな体制である。

 それでいてお値段は648万円ポッキリなのだから、これをバーゲンプライスと言わずして何と呼ぼう。巷では生産原価が1000万円とも1500万円とも囁かれている。この辺りも後で詳しく聞いていこう。

マジで手作りしている。いまどきフェラーリだってもっと自動化が進んでいる。
マジで手作りしている。いまどきフェラーリだってもっと自動化が進んでいる。

 ベースとなるのはもちろん86だから、これはスバルの工場で生産されている。そのホワイトボディをトヨタの元町工場に移送し、こちらでトヨタ手ずからの気の遠くなるようなカスタムを施していくのだ。

 ちなみにトヨタの黎明期、ここは本当に「町工場」レベルの工場だった。元、町工場だから元町工場。これはトヨタの偉い人から聞いた完全なる実話である。いやぁ、御社もシャレとか言うんすね。

 エンジンフード、トランクリッド、ルーフパネルは全て元町工場の一角で手作りされる高価なCFRP(Carbon Fiber Reinforced Plastics、炭素繊維強化プラスチック)が奢られる。さらにリアやクォーターのウインドウには超軽量の樹脂がはめ込まれている。

 当然車重はスッキリ軽くなっていると思いきや、実はノーマルと同じ1230kgである。高価なCFRPや取り付けの面倒な樹脂を用いて減量された分は、剛性向上のために施されるボディの補強や(部品点数が増えるのでその分重くなる)、フロント6ピストン、リア4ピストンの対向モノブロックキャリパー(よく効くがこれも重い)で増えた重量で相殺されている。

ノーマルには無い、剛性向上を狙った補強部品が取り付けられていく。
ノーマルには無い、剛性向上を狙った補強部品が取り付けられていく。
トランク内部に斜めに走る”筋交い”がお分かり頂けようか。こちらもノーマルには存在しない部品だ。
トランク内部に斜めに走る”筋交い”がお分かり頂けようか。こちらもノーマルには存在しない部品だ。

 エンジンは基本的にノーマルと同じものをベースに、内部のパーツ精度を上げてフリクションを減らし、また給排気系を見直してレスポンスを向上させている。ターボは用いていない。最高出力は219psと思ったよりも控え目である。ノーマルが200psだから1割も向上していない。ノーマルは7000rpmで最高出力が発生するのだが、GRMNは7300rpmで発生する。より高回転化しているのだ。

高回転化、高出力化された86のエンジン。
高回転化、高出力化された86のエンジン。

 86GRMNの概要をサラッと学んだところで、開発者のお話を伺おう。

次ページ 「なんだそりゃ。メチャクチャだ(笑)」