せめて『2番目に好きよ』と言ってほしい

F:もうBMWとかAudiをやっつけるレベルにまでなったと思いますか。

:まあ、やっつけるというかですね(苦笑)。やっぱりまだまだ、まだまだ世界的に言うと、「レクサスもいいけど、やっぱりベンツだよね」とか、「やっぱりBMWだよね」と言う方がいらっしゃいます。「僕らはまだビハインドじゃないかな」と常に思っています。

F:RXはホントに良かった。高速でぶっ飛ばせるし、燃費も良いし、雪道でもショボい簡易チェーンなのにガンガン走れました。では僕がスキーに行くためにRXを買うのかと。ホントごめんなさい。そこはやっぱり(メルセデスの)Gを買っちゃう訳なんです。これは、セイコーの時計が良いのは分かっている、分かっているけどロレックスを買っちゃうという、田舎者丸出しのダサい舶来信仰だと自分でも思うんですけれども、やっぱり買っちゃう。いつかこれが逆転する日は来るのでしょうか。

:それは人によりますよね。実際に乗り換えていただいた方もいらっしゃるし、フェルさんみたいに乗り換えない人もいる。もしかしたら、僕もトヨタに入っていなければ、もしかしたらBMWが良いや、やっぱりBMWだよねと言っているかもしれないし(笑)。でも最近は北米で、「俺が買うのは絶対にレクサスだ、レクサス以外は一生買わない」という人も出てきているんです。

F:ほー。

:フェルさんみたいにクルマに対する思いが強い方は、やっぱり好きなブランドがあるものです。その中でいろいろ探した中でレクサスに来てくれた方。僕ら、そういうお客さんがいいわけですよね。というのは、ブランドをいろいろ変えるお客さんもいるんです。決して1つのブランドにこだわらず、そのとき、そのときの旬のクルマを買うという方。でもそういう方は、逆の見方をすると、レクサスにとどまっていただくには相当努力しなくちゃいけないわけで。

F:なにしろ浮気グセがあるから(笑)。

:あなたもいいけど、やっぱり私はあの人が好きと言われちゃったら、それはどうしようもないわけで(笑)。

F:恋愛みたいなものですね(笑)。

:だけど、せめて2番目には好きよ、ぐらいは言ってほしいなと(笑)。

 尽きることのないブランド談義。加藤さんの話はいよいよ盛り上がりますが、そろそろ会社に行く時間なので、このあたりでシメましょう。

 来週はレクサスRXのユーザーインタビューです。
 これまた濃い方の登場です。お楽しみに!

この記事はシリーズ「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

「キーエンスOBが明かす強さの根源」、全3回ウェビナー開催

■第1回:2022年5月19日(木)19時~(予定)
テーマ:顧客の心をつかむ、キーエンスの「営業しない」営業力
講師:FAプロダクツ 代表取締役会長 天野眞也氏

■第2回:6月2日(木)19:00~20:00(予定)
テーマ:潜在需要が宝の山 キーエンスの高収益生み出す商品開発
講師:コンセプト・シナジー 代表取締役 高杉康成氏

■第3回:6月16日(木)19:00~20:00(予定)
テーマ:「キーエンス流」は世界に通じる、海外事業開拓の極意
講師:インサイトアカデミー 顧問 藤田孝氏


会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料となります(いずれも事前登録制、先着順)。

>>詳細・申し込みはこちらの記事をご覧ください。