こんにちは、AD高橋です。

 フェルさんの愛車売却、急展開でしたねぇ。実は昨年から「クルマを手放そうと思う」という話は聞いていたのですが、一向に動き出す気配がなかったので思っているだけなのかなと感じていたのですが(笑)。それにしても、人柄でこの人! と決められて、しかもそこが条件良いというのは最高ですね。やっぱフェルさん、持ってるなあ。

 今回の実録レポートをみなさんと同じように読んで、興味深い部分がいくつもありました。そのあたりを客観的に見ていきましょう。

 まず大前提として、今回の話はフェルさんがこのタイミングでGクラスを手放すことにした際の“ひとつの事例”です。もしみなさんが今回の記事を読んでクルマを手放そうと思っても、車種やクルマの条件、売却タイミングが違うので同じような流れにはならないことを、しっかりとご理解ください。

「この場で決めていただけるなら」の背景を探る

 さて、フェルさんが最初に訪れて査定を依頼したA社。

 副店長が話す(鼻で笑う?)ように、800万~850万円というのは販売価格でした。カーセンサーを見ると2016年式で走行距離1万~2万kmの中古車がだいたいこの価格で売られています。

 2016年式だと、流通している中古車の8割近くが右ハンドルのディーゼル。副店長の言うとおり、市場で供給過多になっている可能性があります。実際、この年式のG350dはわずか3カ月で平均価格が30万円以上落ちていました。買い取る側としては今後も同じペースで値落ちしていくリスクを考慮した査定をしたのでしょう。万が一長期在庫になってしまったら、仕入れ価格より下げないと売れないという可能性もありますからね。

 ところで、A社は「この場で決めていただけるなら」と新たな買取価格を提示しました。これは実際の査定現場ではよく聞く話です。なぜこのようなことが起こるのでしょう。

 まず、中古車相場は常に変動しています。フェルさんのGクラスのように数カ月で30万円も相場が下がることもあれば、逆に相場が上がることもあります。

 でも、買取店を訪れるお客さんは今すぐ売却する人ばかりではありません。たとえば店で査定額を聞いてから買い替えるかを検討しはじめ、次のクルマを探し、納車日が決まってから「クルマを売る」とやって来る人もいます。そうなると査定してから数カ月、人によっては半年~1年後に売却することになる。

 そういうお客さんに最初に「今ならこれ!」という査定価格を伝えてしまうと、数カ月後にトラブルになることもあると言います。時間が経って相場が下がっているからお店はその額では買い取れない。でもユーザーはその時聞いた額で購入計画を立てているから、高く買い取ってくれないと購入資金が足りない。これが原因です。だからお店はトラブルを避けるために、平均価格などを伝えるようです。

 逆に、本気で今すぐ売却するということならば、お店は利益を見込めます。もし他のお店に売られてしまったらお店はまったく儲かりません。そこで、最大限頑張れる価格を提示して自分のところで仕入れる努力をします。

 ただ、B社が「ウチは輸入車が弱い」と言ったように、お店によって得意不得意があります。たとえば軽自動車ばかり扱うお店に突然Gクラスが並んでも、お客さんはまず来ないでしょう。

 A社を擁護するつもりはありませんが、副店長はフェルさんが「他と比較する」と話したことで「この人は本気で売却するつもりだ」と判断し、“今なら価格”を提示したのかもしれないですね。ただ、なぜ買い取り価格が急に跳ね上がったのかの説明がないと、フェルさんのように不信感が芽生えても仕方ないと思います。

 ちなみに「“今なら価格”はどの程度有効なのか?」とある買い取り店に取材で聞いたことがありますが、「本当にその場で決めた場合のみ有効と思ったほうがいい」とのことでした。

 数日のうちに相場が変動する可能性がありますし、翌日にはクルマを探しているお客さんが他の店で購入を決めてしまう可能性もある。そして「査定担当はその場で契約を決めたいからこそ、本部に無理を言って高値を付けていることもある」とのことです。数日後に「やっぱりオタクにクルマを売るよ」と連絡しても、その時点であらためて査定額が算出される、と思っておきましょう。

修理してから売るべきか?

 また、今回フェルさんのクルマはミラーが壊れ、フェンダーを擦った状態でした。このような場所を直してから査定をしてもらうべきか。これまた、悩ましいところです。

 あくまで一般論ですが、キズやヘコミはそのままの状態で査定に出したほうがいいでしょう。修理する際は部品代以外に工賃もかかりますが、査定で引かれるのはその金額よりも低い(部品代+αくらい)ことが多い、と言われています。

 最後に、フェルさんがちょっと触れた「委託販売」について。

 委託販売とは、愛車を買取店に売却するのではなく、店頭に展示してもらってお客さんを待つ方法です。オークションなどを通さない分高く売れる可能性はありますが、個人的にはあまりおすすめしません。

 フェルさんが利用した店舗は委託販売をシステム化し、事前に期間や金額を取り決めているので大丈夫でしょう。ただ、一般的な委託販売だと

  • クルマが売れるまで現金が手元に入らない
  • 委託で売れなかったときに買い取りを依頼しても、相場が下がっている可能性が高い
  • 手数料や保管料が必要
  • 展示中にいたずらの被害にあった場合の責任問題

 など、慣れていない人にはいろいろと悩ましいことが付きまとうからです。個人的には買い取りまたは下取りで名義変更もきっちりやってもらって、すっきりした気持ちで次のクルマに目を向けるほうが安心かなと思います。

 ところでフェルさんの新車、なんでしょうかね。やっぱり……?