S600の開発責任者、椋本陵氏。

 本田宗一郎氏の著作に感銘を受けたクルマ好きの少年時代。
 高卒でホンダに入社し、社内コンペで提案したクルマが評価され、開発に至る。

 そして史上最年少のLPLに就任する。

 S660の発売は1年以上も前のことであり、椋本氏の言葉もエピソードも既に出尽くした感がある。

 それではなぜ“今ごろ”S660なのか。

 単純な話だ。私がマツダにハマりっ放しで、他の会社のクルマに手が付けられなかったからだ。S660については前から書きたいと思っていたのだが、タイミングが合わなかった、それだけのことだ。本を出し一息ついたので、椋本氏の話をジックリ伺おう。

 そうそう。先に言っておくが、椋本氏の話はメチャクチャ面白い。このシリーズは長くなります。

「市販なんか考えなくてもいい、面白い企画を出せ」

F:先日はお世話になりました。改めまして、今日はよろしくお願いします。(我々は1月に開催されたリードエグジビション社主催の“オートモーティブワールド”でご一緒している)

私の連載をたまにしか読んでいないことを堂々と明かす椋本さん。
私の連載をたまにしか読んでいないことを堂々と明かす椋本さん。

椋本(以下、椋):よろしくお願いします。フェルさんの記事はたまに読むことがありますよ。

F:たまにって……毎週読んでください(苦笑)。毎週月曜日に更新です。

:やっぱり有名人が出るときとか面白いので。

F:有名人……?藤原大明神とかですか。

:藤原さんもそうですが、86の多田さんとか、マツダのムッシーさんとか。後で実際にお会いした時に、あ、この人がフェルさんの記事に出ていた人か、と(笑)。

F:虫谷さんは記事が出て以来、「イベントなんかで何か知らない人からムッシーさんと呼ばれる」、と困惑されていました。と……そろそろS660の話をしましょうか(笑)。

:ですね(笑)。それじゃ開発経緯から。

 本田技術研究所が50周年を迎えるとき、記念に何かイベントをやろうということになったんです。そのうちの1つに、昔やっていたアイデアコンテストじゃないですが、所員から何かアイデアを募って、新商品の企画提案を出させようと。

F:新商品の企画提案。それはもちろんクルマ限定ですよね。昔のアイコンみたいに何でもアリではなく。

:いえ、基本は何でもアリです。4輪、2輪、汎用というふうに、誰が何を提案してもいい。

F:誰が何をと言うと、4輪の人が新型芝刈り機を提案しても良い?

:もちろん良いです。部門も部署も関係ありません。誰が誰と組んでもいいし、部署単位で出してもいいし個人でもいい。僕は個人で出しました。

F:椋本さんは個人で提案した。そのコンテスト、最終的にはもちろん製品化を見据えての提案ということですよね。

:いえ。それはまったくないです。市販なんか考えなくてもいいから、ともかく面白い企画を出せと。

次ページ 古いカタログの写真を、表紙にペロッと貼っただけ