ハイラックスの歴史を時系列で書くと、以下のようになる。

1968年初代ハイラックスデビュー
1972年2代目ハイラックス
1978年3代目ハイラックス
1979年3代目に4WDモデル設定
1981年3代目にダブルキャブ設定
1983年4代目ハイラックス
1984年4代目ハイラックスの荷台部分にFRPの屋根を付けた「SURF」登場
1989年5代目ハイラックス
1989年2代目SURFはメタルトップとなりハイラックスとは別路線に
1997年6代目ハイラックス
2004年7代目ハイラックス 遂に国内市場をパス。新興国市場で大ヒット
2017年8代目ハイラックス 国内販売復活。ただしタイから日本への逆輸入

 と、このような感じになる。

 4WDにダブルキャブ、と今のハイラックスのスタイルができあがったのは3代目からであることが分かる。そして今回の日本販売復活が、実に13年ぶりであることも。

ハイラックスに4WDが用意されたのは、この3代目からだ。
ハイラックスに4WDが用意されたのは、この3代目からだ。

運転席によじ登り、エンジンを掛けると……

 13年。あまりにも長い。しかしこの間もハイラックスは新興国を中心に着実に売れてきた。慌ててモデルチェンジをする必要がなかったのだ。今回のモデルチェンジは、正しく「満を持して」ということになる。

 世界各地で生産されるハイラックスだが、日本で販売される車体は全てタイで生産されている。え? タイ製で大丈夫なの? と心配する向きもおられようが、「トヨタ自動車75年史」によれば、トヨタのタイ工場では1975年からハイラックスを生産している。今やそのクオリティは「折り紙付き」である(と、トヨタの人が言っていた)。

 それではクルマに乗り込んでみよう。

 返す返すもデカい。ドアを開けて、ラバーが敷かれたステップに足をかけ、グリップに掴まりヨイショと運転席に登る(車内にはゴツいグリップが都合8本も用意されている)。そう、ハイラックスの運転席には、「乗る」よりも「登る」という感覚だ。

 ステアリングコラムの右側に置かれたスタートボタンを押すと、キュルッと軽くモーターの音がして、2.4リットルのターボディーゼルが目を覚ます。ガラガラとディーゼルらしい音が響き、それに合わせてボディもユサユサと振動を始める……そう覚悟を決めてボタンを押したのだが、音も振動も拍子抜けするくらいに小さい。

次ページ 陸自の10式戦車を思い出す