上下2段分かれた荷室はとても良い。
上下2段分かれた荷室はとても良い。

 キッチリ荷物を詰め込んで、大勢の人も乗せて、つまりこのクルマの「本来の姿」を日常的に引き出せる人こそが選ぶクルマだろう。「親が乗るかも知れないから」とか「イザという時のために」ミニバンを買う人は日本のミニバンを買った方が良いと思う。

広大な室内。ともかく広い。(撮影:大槻純一)
広大な室内。ともかく広い。(撮影:大槻純一)

 以上、駆け足で最も印象に残った2台をご紹介した。いずれも非常に良かったので、日を改めて本格的な試乗を行うかも知れない。

 次号ではまさかまさかのアノ車が登場する。燃料はどこで入れたら良いのだろう……。何しろ家の近くにステーションは皆無である。

 お楽しみに!

■変更履歴
3ページ記事中、「エルクテストで横転事故を起こすなどの問題もあり」との記述は事実誤認でした。お詫びの上、該当部分を削除いたします。本文は既に修正済みです。 [2016/02/16 22:30]
今年の輸入車も豊作です!

こんにちは、ADフジノです。

今年もJAIAの試乗会に参加してきました。しかしフェルさん、なぜかたった2台にしか触れていませんがもう少し他のクルマにも試乗したんですけどねえ……。ここで少しフォローしておくことにします。

先に輸入車市場の概況をみますと、JAIAのデータによると昨年(暦年)の輸入車の新車登録台数は28万4471台。これは前年比98.5%という数字でした。VWショックがあったことを勘案すれば、健闘と言えるかもしれません。

先日、2016年1月度の数字も発表されましたが、トップはメルセデス・ベンツの4120台で前年比90.4%、BMWは2590台で前年比118.5%、アウディは1530台で前年比84%、となっています。ただ今年に入ってメルセデスからはGLCが、アウディからは新型A4という売れ筋が導入されたので、ここからぐんと伸びることも大いに期待されます。ちなみに本編に登場したスマートは対前年比1270.3%! 台数はそれほど多くはないですが、新型車効果が出ています。

JAIA関係者は国内販売の4割を占めるという軽自動車も含めて、乗用車販売に占める輸入車のシェア10%を目指すといいます。われわれ「走りながらチーム」も微力ながらぜひ応援したいと思ってます。しかし、1月下旬にトヨタから発表された新型プリウスの1カ月受注報告は、約10万台! だそうです。いやはや。

今回はスケジュールの問題もあり、ランボルギーニやマクラーレンといったスーパーカーの抽選からは漏れてしまいましたが、ざっと以下のようなモデルにも試乗してきました。

「アバルト 695 ビポスト」。アバルト50周年を記念するフィアット500ベースの最強モデル。ボディは軽量化が図られ、標準仕様と、フルスペック仕様の2グレードを用意。後者には公道向けとして初のノンシンクロのドグミッションを搭載する。試乗当日は標準仕様が用意された。チューンされた1.4リッターターボは139kW(190ps)、トルクは230Nm(SPORTモード時は250Nm)の大パワーを発生するが、この日はあいにくまだ慣らし中とのことで、ブーストが上がらず、フェルさんの執筆モチベーションも同様か。ちなみにお値段は標準仕様が594万4000円、フルスペック仕様は845万6400円。(撮影:大槻純一、以下同)
「アバルト 695 ビポスト」。アバルト50周年を記念するフィアット500ベースの最強モデル。ボディは軽量化が図られ、標準仕様と、フルスペック仕様の2グレードを用意。後者には公道向けとして初のノンシンクロのドグミッションを搭載する。試乗当日は標準仕様が用意された。チューンされた1.4リッターターボは139kW(190ps)、トルクは230Nm(SPORTモード時は250Nm)の大パワーを発生するが、この日はあいにくまだ慣らし中とのことで、ブーストが上がらず、フェルさんの執筆モチベーションも同様か。ちなみにお値段は標準仕様が594万4000円、フルスペック仕様は845万6400円。(撮影:大槻純一、以下同)
「アウディRS3スポーツバック」。A3ベースにスペシャルチューニングが施されたRSモデル。フロントに2.5リッター直列5気筒ターボエンジンを横置きで搭載、もちろんクワトロ(四輪駆動)である。最高出力367ps、最大トルク465Nmを発生する。フェルさんはただただアクセル全開で、おそらくインプレッションは忘却の彼方へ。
「アウディRS3スポーツバック」。A3ベースにスペシャルチューニングが施されたRSモデル。フロントに2.5リッター直列5気筒ターボエンジンを横置きで搭載、もちろんクワトロ(四輪駆動)である。最高出力367ps、最大トルク465Nmを発生する。フェルさんはただただアクセル全開で、おそらくインプレッションは忘却の彼方へ。
「シトロエンC4」。パワートレインの刷新をはかるプジョーシトロエングループ。CセグメントのC4にも最新の1.2リッター3気筒ターボ+6ATが組み合わされる。猛烈な速さやキレ味鋭い変速などはないが、シトロエンらしく柔らかな乗り味が好印象。ただやはりフェルさんには刺激が足らなかったか…。
「シトロエンC4」。パワートレインの刷新をはかるプジョーシトロエングループ。CセグメントのC4にも最新の1.2リッター3気筒ターボ+6ATが組み合わされる。猛烈な速さやキレ味鋭い変速などはないが、シトロエンらしく柔らかな乗り味が好印象。ただやはりフェルさんには刺激が足らなかったか…。