みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。

 試乗してコロッとイってしまったディーゼルのGクラス。的場の兄貴からケツを叩かれたこともあり、ホントに購入いたしました。

 ボディカラーは私の心の色を表す純白であります。

「どうせ買うならトップセールスマンから買った方が良いですよ。僕もこの人から買っていますから」と河口まなぶ氏から紹介していただいたメルセデス・ベンツ中央の小林浩之氏。いろいろムリを言ってスミマセン。お世話になりました。

 2016年モデルは、試乗した昨年までの2015年モデルよりもさらにエンジンがパワーアップしており、さらに乗りやすくなっています。ようやく雪も降り始めましたし、これからこいつでガンガンスキーに出掛けようと思います。まずはスタッドレス選びから始めましょう。どこのメーカーにしようかな。

 さて、話は南の島に飛びまして、マラソンに出場するため沖縄県の石垣島へ。寒波がどうとか言っていますが、夜でも気温は20℃超。Tシャツ短パンで十分です。

我らが山本淳一コーチとこちらで手作りTシャツを中心としたおみやげ屋さん「あ」(こちら)を経営する富崎氏。富崎氏は本州からの移住組。手に職もなく、なんくるないさー精神でこちらへ来る人は、まず失敗するそうです。そりゃそうでしょう。そもそも仕事が少ない場所なんですから。

 ところが大会当日は100年来とかの寒波が押し寄せまして、ここ石垣でも最低気温6℃、最高気温が9度というまさかの極寒状態。おまけに台風並みの強風です。どうなっているのでしょう。

スタート前。風雲渦巻いております。マジで寒いです。

 レース中は押し戻されるほどの強風が吹き荒びまして、まるでお笑い番組の罰ゲームのような状況でした。ロクに練習もしておりませんで、タイムはギリで4時間切りという為体。実は今月末の東京マラソンにも出場するんです。こんなことで大丈夫なのでしょうか。

ゴール直後。マジ死にました……。
とはいえ、せっかく南の島に来たのですから楽しまなけれがソンであります。夜は飲めや歌えの大宴会。蛇味線と太鼓に合わせて遅くまで騒ぎました。いやー。石垣は楽しいです。

 ということでボチボチ本編へと参りましょう。