今回はおとなしくしていないと新年早々身が持たない、と思っていたのですが、こんなものを見てしまっては黙っていられない…。担当編集Yです。

 記事の評判を知りたくて、時々Twitterで検索をしていまして、そうしたら18日公開の記事に、こんな方々からのリツィート(RT)が!

 トヨタ好きの方にしてみれば、中身は別としてもいささかキツい記事タイトルですし、いすゞさんの取り上げ方に至っては、本編ではなくヨタでの登場。それなのに取り上げてくださって、それがタイムラインに並ぶ、という…みなさんの懐の広さに感涙です。面白がっていただけたということでしょうか。ありがとうございます。

 さて、5連投を予定していた大明神祭り、実は当然ながらこの回は、先週金曜日掲載を予定しておりました。無理を重ねれば、それも可能だったと思います。以前の我々なら連続で載せろ! と、気張ったかもしれません。

 しかし、今回はあえて掲載を伸ばし、本日にさせていただきました。

 担当に戻るに当たり、フェルさんと話したのは「『載っていること』を最優先するのはもう止めましょう」ということです。

 お話が面白ければ多少のミスは…という甘えは、私を含め書き手側の心の中にはどうしても生まれます。ですので、我々は決してそう考えないように会社で教育を受けます。が、長い記事で話し言葉で、しかも中身のノリがいいとつい読みふけって間違いを見逃しがち。フェルさんの文章はチェック漏れが起こる要素を全て満たしています。

 今回のシリーズから「何が何でも予定日に載せる」という、いつの間にかハマっていた悪癖を改め、原稿到着から一定の時間をかけてチェックし、文章の読み味を大事にしながら事実確認を行い、誤字脱字を防ぐ、という、当たり前のことをちゃんとやる姿勢を整えました。さりながら、やっぱり連投はスケジュールに大きな無理があり、前回の記事は本来考えていた作業時間の半分くらいで公開してしまった。そうしたら、やはりというか、ミスが出ました。しかも、せっかくRTしてくださった、いすゞさんの車名にタイポ(ジェミニをジュミニと誤記)があったという…本当に申し訳ございません。

 まず第一歩としまして、「中身が面白いのは当然、期日に載せるのも当然。でも、読んでいる方の気分を損なう誤字脱字をなくすことのプライオリティを改めて意識しましょう」とフェルさんと合意しました。

 大明神の連続掲載にこだわっていたフェルさんが、「たしかに、ちゃんと時間を掛けた方が中身もぐっと締まる。それは読者の方にはっきり伝わるんだね」と認めて、おそらく不本意ながら、堪えてくださって、金曜日を諦めて本日掲載になった次第です。

(まあ、こんな当たり前のことを後書きに書かずにいられないくらい、この連載の筆者もAD高橋さんも担当者も相当に相当な人間なのです。かつて会社の先輩が私に発した「ザルは何枚重ねてもザル」という名言がありました。そこで、今回の原稿から仕事のやり方に、ある「ひと工夫」を加えてみました。どうでしょう、誤字脱字に効果があるといいのですが。)

 どたばた揺れ動きつつ、明日を目指して「走りながら考える」連載を、引き続きご支援ご叱正ください。よろしくお願いいたします。(Y)

■変更履歴
あとがき掲載当初、ご紹介したツイートを各社の公式アカウントとして書いておりました。お詫びして訂正します。本文は修正済みです。また、サブタイトルを今回のシリーズの形に合わせて修正しました。 [2018/01/22 11:30]

この記事はシリーズ「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

「キーエンスOBが明かす強さの根源」、全3回ウェビナー開催

■第1回:2022年5月19日(木)19時~(予定)
テーマ:顧客の心をつかむ、キーエンスの「営業しない」営業力
講師:FAプロダクツ 代表取締役会長 天野眞也氏

■第2回:6月2日(木)19:00~20:00(予定)
テーマ:潜在需要が宝の山 キーエンスの高収益生み出す商品開発
講師:コンセプト・シナジー 代表取締役 高杉康成氏

■第3回:6月16日(木)19:00~20:00(予定)
テーマ:「キーエンス流」は世界に通じる、海外事業開拓の極意
講師:インサイトアカデミー 顧問 藤田孝氏


会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料となります(いずれも事前登録制、先着順)。

>>詳細・申し込みはこちらの記事をご覧ください。