「セレナ?ケッ!」とか思いませんでしたか

F:おー!キャシュカイを!ワールドワイドじゃないですか。そもそもセレナとは出る数が違う。ヨーロッパがメインのクルマだから、走りについての要求も、とても厳しいでしょう。

:厳しいですが面白いですよ。セレナとはまた要求がぜんぜん違いますからね。

F:アウトバーンをハイスピードでバンバン走らなくちゃいけないし、ボコボコの石畳の道も走らなきゃいけないし……厳しいですよね。

:ええ。動性能については、やっぱり欧州はかなり厳しいですね。

F:セレナとは重みが違うというか。

:そりゃ走りに関する重みは全然違います。

F:とても失礼な事を伺いますが、走りメインで数も桁違いに出る欧州戦略車をやって来た磯部さんが、それから比べると、コンビニ袋が車内に何個掛けられるとか、ドアが自動で開いてお買い物に便利といったセレナのご担当にアサインされたとき、いまさらこの俺様が女子供相手のクルマの開発なんか出来るかよ、というお気持ちになりませんでしたか。

:いや、違う。それは違います。フェルさん。それはエンジニアの気持ちを分かっていない。エンジニアってそうじゃないんです。僕らはそういう発想で仕事をしていないんですよ。


 良いところで終わってしまって申し訳無いのですが、ここで時間切れ。

 正月休みに時間切れもクソも無いのですが、実はこれからスキーに行くんです。
兄貴分を拾って白馬まで一直線。北海道ばかりが大雪で、本州は空振りが続いていると聞いていますが、雪はちゃんと有るのかなぁ……。

 ということで磯部さんインタビューは次号へ続きます。
 それではみなさまごきげんよう。本年もどうぞよろしくお願いします!

正月と言えば、クルマのしめ飾り?

あけましておめでとうございます。 編集担当のY田です。

さて、昨年は、自動車業界では様々なニュースが飛び交いました。三菱自動車の不正燃費問題に端を発した同社と日産自動車の資本提携、トヨタ自動車とスズキによる業務提携に向けての交渉開始、マツダのEV(電気自動車)本格参入表明……。

2016年はまた、欧州メーカーがEVシフトを一層鮮明にし、自動運転技術の進歩やライドシェアの拡大も大きな話題になった1年でした。EVには消極的といわれたトヨタもEV開発に特化した社内ベンチャーを立ち上げ、追撃態勢に。今回取り上げている日産のセレナは、「自動運転支援機能」の搭載により、大ヒットになりました。

さて今年は、どんな1年になるのでしょうか?

世界規模の大きなうねりに右往左往することなく、ただただ、邪な思いも含めた極私的な好き嫌いとともにクルマと真摯に向き合い、不躾で子供じみた質問の裏に潜ませた鋭利な爪で隠された真実を抉り取り、取材先の困惑やADフジノ氏、担当編集の呪詛を糧にマゾヒスティックな黒い輝きを増す「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」。今年もご愛読のほど、よろしくお願いいたします。

で、最後に、読者の皆さんに、「どうでもいいワ」とお叱りを受けそうな質問が一つありまして…。

「お正月、クルマにしめ飾つけてる人、身近にいますか?」

以前は、たくさんいましたよね?
やんちゃなお兄さんたちのクルマにも、デカいのが飾られていたりしました。

この正月、ふと思ったんです。
「そういえば、いつの間にか見なくなったなぁ」って。

誰か教えていただけませんか?クルマのしめ飾りがいつの間にか廃れてしまった理由を(もし、以前付けていたのであれば、なんでやめちゃったのかを)。まぁ最近は、玄関にしめ飾りをつるす家もあまり見なくなりましたが…。

また、しめ飾り以外の“絶滅危惧種”があれば、それも教えていただければ。
「シートにTシャツ、ヘッドレストにバンダナ」とか…。

学生時代、友人のクルマが着てました。
もしかして、私が勝手に“絶滅危惧種”と思っているだけで、いまもバリバリの“現役”なのでしょうか?

この記事はシリーズ「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

「キーエンスOBが明かす強さの根源」、全3回ウェビナー開催

■第1回:2022年5月19日(木)19時~(予定)
テーマ:顧客の心をつかむ、キーエンスの「営業しない」営業力
講師:FAプロダクツ 代表取締役会長 天野眞也氏

■第2回:6月2日(木)19:00~20:00(予定)
テーマ:潜在需要が宝の山 キーエンスの高収益生み出す商品開発
講師:コンセプト・シナジー 代表取締役 高杉康成氏

■第3回:6月16日(木)19:00~20:00(予定)
テーマ:「キーエンス流」は世界に通じる、海外事業開拓の極意
講師:インサイトアカデミー 顧問 藤田孝氏


会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料となります(いずれも事前登録制、先着順)。

>>詳細・申し込みはこちらの記事をご覧ください。