鹿島アントラーズがFIFAクラブワールドカップの決勝に進出した。

 大切なことなのでもう一度書く。
 鹿島アントラーズがFIFAクラブワールドカップ(以下FCWCと略称します)の決勝に進出した。

 ……と、ひとり興奮している空気を演出しつつ、私がアタマのもう一方の側の冷静な部分で残念ながら自覚しているのは、自分のこのはしゃぎっぷりを、多くの読者は、むしろ冷ややかな視線で眺めているのであろうな、ということだ。

 実際、私たちが暮らしているこの極東の島国は、いま私が2度にわたってお知らせしたアントラーズの快挙の価値を、ほとんどまったく理解しない人たちが取り仕切っているどうにも息の詰まるようなムラ社会でもある。

 このことは、残念だが、認めなければならない。

 私の個人的な試算では、このたびのアントラーズによるFCWC決勝進出事案は、オリンピックの金メダルに換算して8個分の価値に相当する。が、多くのアタマの中に味噌汁しかはいっていない日本人は、アントラーズのこのたびの素晴らしい達成を、マイナー競技の銅メダル程度にしか評価していない。

 違うぞ、と、ぜひこの場をお借りして怒号しておきたい。
 金8個だ8個。
 10個と言わなかったのは、適当に口走っていると思われたくなかったからだ。

 私が、金8個と、あえてキリの悪い数字を提示してみせたのは、「詳細な検討の結果として算出されたガチな数字」であるニュアンスをアピールしたかったからで、つまり、それほど私は必死に訴えているのである。

 もし仮に、日曜日の決勝戦で、アントラーズが(原稿執筆時点の予想では、たぶんレアル・マドリードに)勝って優勝するということにでもなれば、メダルの数は一気に40個に跳ね上がる。

 それほど価値のあることなのだということを、ぜひ、話半分でも良いから、この場はとにかく信じてほしい。

 ここのところを信じていないアタマで読むと、これから先私が書くテキストは、単なるタワゴトにしか見えないだろう。

 なので、ここまでのところを読んで

 「なんだくだらねえ」

 と思った人には、先を読まない方が賢明だということを申し上げておく。そうした方が大切な人生の時間を節約できるだろうからだ。

 「やっぱり最後までくだらなかった」

 ということをわざわざ確認するために、あなたの時間を使うことは、あなたのためにもならないし、私のためにもならない。もちろんこの国の未来のためにもならない。

 きらいな人間同士はなるべく没交渉であるべきだ、というのが、今年1年で私が得た最も有意義な教訓だった。この智慧を皆さんにもシェアしておく。きらいな人間にはかまわないことだ。それだけで人生は2割ぐらい豊かになる。さようなら。

 先に進む。

 前述した通り、日本の平均的な善男善女の間では、FCWCが、サッカーの世界における一方の頂点であり、国際的にも大変に評価の高い大会であるということが、いまひとつ理解されていない。

 なぜなのか。