選挙の話は書きたくない。
 私はうんざりしている。
 このことだけをお伝えして、今回は別の話をする。

 危険運転の話をしよう。
 先週から今週にかけて、かなり話題になっていた事件だ。

 経緯を振り返っておく。

《神奈川県大井町の東名高速道路で6月、追い越し車線で停車していた乗用車にトラックが追突し、夫婦が死亡する事故があり、県警は10日、乗用車の進路をふさいで停止させたなどとして、自動車運転処罰法違反(過失運転致死傷)と暴行の疑いで、福岡県中間市扇ケ浦、建設作業アルバイト石橋和歩容疑者(25)を逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めているという。--略--》(ソースはこちら

 いくつかの報道を総合すると、まず、現場から1.4キロ手前の中居パーキングエリアで、枠外に駐車していた容疑者に対して、萩山さんが口頭で注意した。この萩山さんの抗議に逆上した容疑者は、パーキングエリアから出た萩山さんのクルマを追跡し、追い越し車線上で追い抜いて進路を妨害するように走行を続ける。で、容疑者のクルマが追い越し車線上で止まったことで、萩山さんもやむを得ず追い越し車線に自分のクルマを停車させた。そこで、クルマから出てきた容疑者が萩山さんの腕をつかむなどしてやりとりしていた直後、後方から走ってきたトラックが萩山さんのクルマに追突した。以上が、当日起こったことの概要だ(こちら)。

 このテの話題は、とにかく、危険運転をやらかした人間をよってたかって攻撃していればとりあえず全員がすっきりする。そういう意味で選挙の話題みたいに面倒な議論にはならない。午後の時間帯のテレビが、この事件に比較的長い時間を割いていたのは、そういうこともあったのだと思う。

 テレビは、悪者がはっきりしている話題を好む。
 明らかな悪役が見つからないケースにぶつかると、あえて敵役を作ろうとさえする。

 今回の事件の場合、わざわざあざとく演出するまでもなく、あからさまな悪者があらかじめ用意されていたわけで、そうである以上、こういう話題はスタジオの人間と液晶画面越しのお茶の間の人間がともに激怒するための絶好の機会として、存分に味わい尽くすわけですね。

 報道されているディテールがそのまま事実であったのなら、件の容疑者には、まったく擁護できる余地がない。どこをどう切り取ってどう論評したところで、結果としてはリンチに加担せざるを得ない感じだ。