昨年の12月、広告大手の電通に勤務していた女性新入社員(当時24歳)が自殺した。で、この10月7日に、自殺の原因が長時間の過重労働であったとして労災が認められた旨を、遺族と代理人弁護士が記者会見して明らかにした。

 いたましい事件だ。

 私は、自殺のニュースを好まない。特に若い人の自死を伝える報道は、近い年齢の同じように希死念慮を抱いている人々に、大きなヒントとダメージを与える。だから、なるべくなら蒸し返さないのが妥当だと思っている。WHO(世界保健機関)による自殺報道のガイドラインを守ったのだとしても、自殺を扱う文章は、どうしても感情に流れた作文になる。それは、人様に読んでいただく文章として好ましくない。

 といって、感情を排した書き方をすれば良いのかというと、そういうことでもない。自裁した人間について、感情を含まない書き方で言及する文章は、必要以上に残酷な感じを与える。それ以前に、悪趣味でもある。

 とすれば、本来、自殺には触れずにおくのがベターなのだ。

 今回、あえてこの話題をテーマに選んだのは、自殺した女性社員が書き残したツイッターを読んで、色々と感じるところがあったからだ。

 彼女の残したツイートは、「過労死」「電通」「東大卒」「女性」というキーワードから、私が当初抱いていた予断とはかなり違った読後感を残すものだった。

 こういう言い方をするのも奇妙かつ不謹慎だとは思う。だが、彼女のツイートは、いちいちビビッドで面白かった。ユーモアと軽みさえ感じられたと言っても良い。

 その彼女のツイッターは、既に非公開にされている。
 多くの人に彼女の才筆を知ってほしかった気もするのだが、読めば読んだで良くない影響が広がらないとも限らない。そう思えば、アカウントの非公開化は妥当な判断だったのだろう。

 一般論として、自ら死を選ぶに至るほどに追い詰められた人間は、ユーモアを失っているはずだ。逆に言えば、自分の置かれた状況を客観視する余裕をなくしているからこそ、人は自死を選ぶということでもある。

 ところが、高橋まつりさんというその24歳の女性は、最終的に投身自殺を遂げてしまう日の直前まで、自らが従事している勤務の異常さをネタに、洒脱といってよい短文を発信する客観性を失っていなかった。

 もうひとつ、私が気になっているのは、彼女が死の直前まで携わっていた時間外労働の数字(1カ月あたり105時間)への世間の反応の異様さだ。

 有名なところでは、武蔵野大学グローバルビジネス学科で教鞭をとる長谷川秀夫教授が、10月7日の夜、「過労死等防止対策白書」を政府が発表したという毎日新聞の報道を受けて、ニューズピックスに投稿して「月当たりの残業時間が100時間を超えたくらいで過労死するのは情けない。会社の業務をこなすというより、自分が請け負った仕事をプロとして完遂させるという強い意識があれば、残業時間など関係ない」などとコメントしている(報道記事はこちら)。

 念のために申し添えれば、このコメントは、高橋まつりさんの自殺に直接言及したものではなく、過労死一般について述べたものだ。長谷川教授は発言を削除し、謝罪コメントを掲載した。それでも十分にひどい発言であることは確かだが。

 過労死をプロ意識を欠いた勤労者を淘汰するための必然的な一過程と見なしているかの如きこの発言は、「グローバルビジネス」を講ずる教育者の言葉としてあまりにも国際常識からかけはなれている。それ以上に、まっとうな人間としての当たり前な同情心を欠いている。