今週も選挙の話題に触れなければならない。
 あまり気がすすまない。

 政治まわりの話題の中でも特に選挙の話は、必ずや興奮した人たちを呼び寄せるからだ。
 興奮している人たちは、他人と対話をすることができない。

 そもそも政治とは、他人との対話を前提とした動作であるはずなのに、なぜなのか、政治に熱意を持っている人の多くは、相手の話に耳を傾けようとしない。
 それで、賢い人たちは政治の話をしたがらないのだと思う。

 もっとも、賢明な人間が政治の話題を遠ざけているという私のこの観察自体、私の個人的な思い込みに過ぎない可能性はある。

 別の見方をする人たちもいる。
 政治に熱中している人たちは、政治の話題に無反応な人たちを愚か者だと思っていたりする。
 別の言い方をすれば、政治的な考えにとりつかれている人間は、他人を敵と味方に分類する形で世界に対峙しているということだ。彼らにとって、味方にも敵にも分類することのできない人間は、間抜けなのだろう。

 言うまでもないことだが、すべての人々がすべての事柄に詳しいわけではない。
 ある人々はAに詳しい一方で、Bには詳しくない。
 別の人々はBには精通しているものの、Aについてはろくな知識を持っていない。
 どちらが賢いと言っているのではない。
 人々の関心領域と知識量はそれぞれに偏っていて、相互に補完しあっているということだ。

 であるから、科学に詳しい人が政治関連の話題に疎いというようなことはごく普通の話だし、だからといってその人間が知的に劣るわけではもちろんない。
 個人的には、持って生まれた知的な能力を政治とは無縁な方面に振り向けている人がいるのだとすれば、その人間はむしろ賢明なのだと思っている。

 であるから、私は、自分が詳しくない分野については、信頼できる専門家の助言に従うことにしている。

 もう少し率直に言うと、私は、自分で判断できなかったり、一から考えるのが面倒くさかったりする事柄や話題に関しては、信頼できそうな専門家の意見を鵜呑みにすることで間に合わせているということだ。

続きを読む 2/5

この記事はシリーズ「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。