前回の当欄で話題にした雑誌「新潮45」をめぐる騒動は、同誌の休刊(9月25日に新潮社の公式サイト上で告知された→こちら)をもって一応の決着をみることとなった。

 「一応の決着」という言葉を使ったのは、私自身、休刊が本当の決着だとは思っていないからだ。
 もちろん、マトモな決着だとも思っていない。というよりも、こんなものは決着と呼ぶには値しないと思っている。

 現時点で感じているところを率直に開陳すれば、私はこのたびのこのタイミングでの新潮社による休刊という決断にあきれている。理由は、休刊が一連の騒動への回答として不十分であり、「杉田論文」が引き起こした問題を解決するための手段としても、的外れかつ筋違いであると考えるからだ。こんなものが説明になるはずもなければ、事態を打開する突破口になる道理もないことは、多少ともメディアにかかわった経験を持つ人間であれば誰にだって見当のつくはずのことで、休刊は、言ってみれば「説明をしないための手段」であり、責任ある立場の人間が事態に直面しないための強制終了措置であったに過ぎない。叱られた小学生が積み木を蹴飛ばしているのと、どこが違うというのだ?

 とはいえ、そう思う一方で、私は、今回の「休刊」という関係者にとって極めて重い選択が、結果として無責任な野次馬を黙らせる結果をもたらすだろうとも思っている。

 つまり、「休刊」は、問題の解決には貢献しないものの、事態の沈静化には寄与するわけだ。してみると、これは、実にどうも、日本の組織によくある事なかれ主義の結末としては極めて必然的な、ほかに選ぶ余地のない余儀ない選択だったのかもしれない。

 新潮社が自社の名前を冠した月刊誌を葬り去ることを通じて世間に伝えようとしたのは
 「自分たちはもうこれ以上この問題にかかわりたくない」  というメッセージだった。

 新潮社の上層部は、今回の一連の騒動に正面から対処するのがめんどうだった。であるからこそ、彼らは、不愉快なトラブルを爆破するついでに赤字部門をひとつ整理してしまおうではないかと考えた、と、私個人は、今回の行きがかりを、そんなふうに受け止めている。

 いつも取材する側としてトラブルの当事者を小突き回していた側の人々が、にわかにマイクを向けられ、看板に落書きされる立場に追い込まれたのであるからして、動転してしまった気持ちはわからないでもない。

 でも、安易に休刊という選択肢を選んでしまったことで、混迷に陥っている事態を正常化させるための機会はほぼ永遠に失われることになった。それ以上に、失われた名誉を回復するための時間とチャンスが完全に消滅してしまった。これは、雑誌にかかわっていた当事者にとって返す返すも残念なことだったと思う。

 今後、「新潮45休刊」というこのむごたらしい事態は、事態解決の手段としてではなく、左右両陣営の党派的な人々によって自分たちの論拠を補強するためのカードとして利用されることになるはずだ。

 すなわち、杉田氏を擁護する立場の人々は、「新潮45」の休刊を
 「ポリコレ棒を振り回すパヨクならびに似非人権派による言論弾圧の結果」
 であると決めつけて、反日サヨク陣営の暴走を訴えて行くのであろうし、反対側の陣営は陣営で
 「商売のために陋劣低俗な駄文を掲載した伝統ある雑誌が自滅した一方で、その当の駄文の書き手たちは今後も右翼論壇で活躍するのであろうからして、まったく世も末であることだよ」
 てな調子でネトウヨの跳梁跋扈を嘆いてみせるに違いないわけで、結局のところ、「休刊」は、党派的な人々に党派的に利用されるばかりで、杉田論文騒動の直接の被害者である性的マイノリティーの人々には、何の解決も、安堵も、慰安ももたらさないのである。