とすれば、われわれは、このどうしようもなくムカつく国に対して、どんなふうに報いるべきなのかを、とりあえず、勇ましいことを言っていい気持ちになることとは別の部分の脳みそを使って、真剣に思案しなければならない。

 こんな話をしていると必ず出てくるであろう
 「きちんとした軍備がないからこんなナメた真似をされるのだ」
 という指摘は、半分以上本当だと思う。

 ただ、だからといって、周辺国にナメられないだけの軍備を持つことが国家としての正しい選択であるのかどうかは、また別の問題だ。

 核兵器を持つという選択肢となると、さらにさらにもう二段階ぐらい別の次元の話になる。
 なにより、周辺国にナメられないだけの軍備をきっちりと揃えて、周囲を恫喝するためには、とてつもないコストと、別次元のリスクを引き受けなければならない。

 この原稿では、そのコストおよびリスクとベネフィットを引き受ける道を選ぶべきなのかどうかについての議論には踏み込まない。
 というよりも、その議論は、そもそも、憲法を改正してからでないとはじめることさえできない。

 「その議論をはじめるためにも、まず憲法改正が必要なのではないか」

 と、そう言いたい人がたくさんいることはわかっている。
 うがった見方をすれば、首相や官房長官が、「圧力」という言葉を繰り返していたり、「これまでにない重大で深刻な脅威」であると断じているのも、そのあたりの議論を活性化させるための下地づくりであるのかもしれない。

 政府が12道県でJアラートの警告音を発信する決断をしたのも、石破茂氏が、非核三原則の見直しを示唆する発言をしたのも、同じ流れの中でのことなのだろう。
 9月2日、すなわち北朝鮮が核実験を実施する前日に、私は、以下のような一連のツイートを書き込んだ。

《北朝鮮のミサイル発射は誰が言うまでもなく言語道断の非道であり、いくら非難しても足りない。しかし、北朝鮮が非道だからという理由で日本政府の対応がすべて「正しいこと」になるわけではない。相手が非道だからこそ、対応には細心さと思慮深さが求められる。あたりまえじゃないか。》(こちら

 おそらく、私のこの原稿を、北朝鮮を擁護する主張として読み取る人たちがたくさん現れると思う。
 それほど、一部の人々は、北朝鮮に腹を立てている。

 もちろん、彼らが腹を立てているのは全面的に北朝鮮のせいだ。
 でも、だとすると、北朝鮮は、隣国の人間の知能の働きを低下させるのに成功してしまったことになる。
 これは大変にまずい。

 できれば、バカなジョークで笑うかなにかして、知能を取り戻すことができれば良いのだが、どういうものなのか、いくら考えても、うまい洒落ひとつ思いつくことができない。
 ああ、そうか。私もアタマに来ているのだろうな。

(文・イラスト/小田嶋 隆)

怒ることそのものじゃなく、怒りで知能を損なった状態で、
喋ったり書いたりするのがまずい…ああ!(と、腑に落ちた顔)

 当「ア・ピース・オブ・警句」出典の5冊目の単行本『超・反知性主義入門』。相も変わらず日本に漂う変な空気、閉塞感に辟易としている方に、「反知性主義」というバズワードの原典や、わが国での使われ方を(ニヤリとしながら)知りたい方に、新潮選書のヒット作『反知性主義』の、森本あんり先生との対談(新規追加2万字!)が読みたい方に、そして、オダジマさんの文章が好きな方に、縦書き化に伴う再編集をガリガリ行って、「本」らしい読み味に仕上げました。ぜひ、お手にとって、ご感想をお聞かせください。

この記事はシリーズ「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。