《安倍晋三首相は、自民党総裁選への出馬を表明する舞台に鹿児島県を選んだ。首相の地元の山口との「薩長同盟」が明治維新の契機となったことにちなんだとみられる。出馬表明に先立つ26日午後、鹿児島県鹿屋市の会合で講演した首相は「しっかり薩摩藩、長州藩で力を合わせて新たな時代を切り開いていきたい」と力を込めた。-略-》(ソースはこちら

 以上は、時事通信が8月26日付で配信したニュースだ。

 この出馬表明の様子は、同じ日のNHKニュースでも生中継され、安倍さんは、その中で
「『平成』の、その先の時代に向けて、新たな国造りを進めていく、その先頭に立つ決意だ」と、3選を目指して立候補する考えをカメラ目線で開陳している(こちら)。

 さらに安倍首相は、自身のツイッター上にも同様の趣旨の投稿をしている。
 ここでは、

《「我が胸の燃ゆる思ひにくらぶれば煙はうすし桜島山」筑前の志士、平野国臣の短歌です。
大きな歴史の転換点を迎える中、日本の明日を切り拓いて参ります。》

 という文言に、桜島を背景に決意表明の演説をする動画が添えられている(こちら)。

 このツイートが配信されるや、タイムラインには、首相が引用した平野国臣の短歌へのツッコミが殺到した。

 まあ、当然だろう。
 私も、ひと目見るなり
 「ん? なんだこれは」
 と思った。

 もっとも平野国臣の来歴を踏まえて、引用に疑問を抱いたわけではない。
 告白すれば私は、日本史には詳しくない。詳しくないどころか、昔からの苦手科目で、実のところ、平野国臣という名前を見たのも、今回がはじめてだったりする。

 なにしろ高校2年生の時に、日本史の定期試験で0点を取ったことがある。
 担当の教諭は、 「自分は25年日本史の教師をやっているが、この科目で0点の答案を採点したのははじめてだ」
 と言って、私のクラスの担任に相談したのだそうだ。内心、意図的な誤答かと疑っておられたらしい。

 担任に真意を問われた、私は
 「他意はありません。真面目な0点です」
 と説明した。

 真面目な0点というのも奇妙な言い方だが、私は反抗していたわけではなかった。ボイコットの意図を持っていたのでもない。
 とはいえ、日本史のような科目での0点が意図的な解答拒否を疑われ得る事態であることは理解した。

続きを読む 2/5

この記事はシリーズ「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

【無料ウェビナーのご案内】
ZOZO NEXT 金山CEO、
フューチャリスト尾原氏ら登壇!

次世代DX経営と若手人材創出を徹底議論

■テーマ
次世代DX経営が企業競争力を決める ~若手リーダーの創出が企業成長のカギ~

■開催概要
日時:2021年12月13日(月)~14日(火)、合計4セッション
講師:ZOZO NEXT 金山裕樹・代表取締役CEO、フューチャリスト 尾原和啓氏ほか

■パートナー
インテル

■受講料
無料、事前登録制(先着順)

>>詳細・申し込みは以下の記事をご覧ください。
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00396/112600001/