ただ、私がいまもってハリルホジッチ氏の解任劇にこだわっているのは、解任についてJFAが納得のいく説明をしていない点もさることながら、「チームの雰囲気」を第一に考えるタイプの組織運営哲学に疑問をいだいているからでもある。

 こんなことを言うと不愉快に感じる人もあるだろうが、私は、日本人のチームが失敗する原因としては、チームが一丸となっていないことよりも、一丸となり過ぎた結果として瓦解するケースの方が多いと思っている。

 われわれは、「ムラ化」することで融通性を失い、どこまでも硬直化したあげくに頓死することになっている。

 現状の日本代表について言うなら、西野監督が就任して以来、メディアがチーム批判をする声が事実上シャットアウトされてしまっている点に懸念をおぼえている。

 別にJFAが圧力をかけているとか、西野さんが強権的なチーム運営をしているとか、そういうことを指摘しているのではない。
 日本人が監督をやっている限り、必ずそうなるのだ。

 私自身、サッカー関係の取材仕事に何回か従事したことがあるだけに、あの業界の空気はなんとなくわかっている。
 あそこで、仕事をするためには、かなりの数の人々に顔つなぎをしないといけないし、その結果、「顔をツブしてはいけない人」が順次増えていく結果になる。

 私のような通りすがりの取材者ですら、間に何人も人を介さないとプロの選手のインタビュー取材にはたどりつけない。と、当然、いくつかの質問は、それらの関係者への配慮から断念せねばならない。

 で、結局、記事は微妙に食い込みの甘い出来上がりになる。
 私のような半アウトサイダーの書き手ですら、このありさまだ。まして、協会やスポンサー筋の人間と不即不離のカタチで移動しながら取材している専業の記者やライターともなれば、書けないことだらけになる。

 サッカーの業界は、グローバルにはばたくワールドワイドな世界のようでいて、その実、わりと狭い。
 関係者の頭数を一から数えれば、そこいらへんの公立高校の一学年分ほどでしかないはずだ。

 ということは、ほとんどの人間が顔見知りで、特に親しい間柄でなくても、間に知人を一人挟めば全員がツーカーの仲良しグループということになる。
 であるから、互いの批判はタブーになる。

 特に、日本人で監督をやるような大物ともなれば、自分がお世話になったあの人の親友だったり、上司の仲人のチームメートだったり、親しい選手の恩人だったりして、とてもじゃないが率直な批評はできない。

 でなくても、サッカーの世界は、メディアとスポンサーと協会の関係者が立食パーティーで一緒に写真を取り合っては世間話をしている業界ではあるわけで、そうやって業界が回っている以上、そのインナーサークルのインサイダーが運営に関わっている限り、代表チームに対しては誰も正面からものが言えないものなのだ。

 私は、なにも、代表監督が独裁者だとか、協会がゲシュタポ体質だとか、メディアが提灯行列カンパニーだとか、スポンサーの腐れ部長が大旦那気取りだとか、そういうことを言いたくてこの原稿を書いているのではない。

 私がぜひ訴えたいと考えているのは、どちらかといえば、われら日本人の多数派が、おおむね善良で気が利いていて、知り合いの面目をつぶすような振る舞い方を避けたがる人々だということで、そういうふうにわれわれが互いの立場や気持ちを慮ることを第一に行動しているからこそ、サッカーのような血で血を洗う設定の競技では失敗しがちだということを申し上げているのである。

 われわれは、昔から忖度する民族だ。
 言葉を発する前に、相手の気持ちを先回りして理解する能力を日々研ぎ澄ましながら生きているテレパスみたいな人たちでもある。

 だからこそ、高度に訓練された内圧の高いチームは、最終的に日大のアメフト部みたいな組織になってしまう。

 コーチは監督の意図を読み解き、選手は選手で明確な指示がなくてもコーチの意思を忖度することで自分たちの行動を規定する。と、チームは、いつしか無言のうちに自動運動をはじめる。批判分子はあらかじめ排除され、異論は口から外に出る前に噛み潰され、反論はアタマの中に言葉として浮かぶまでもなく忘却される。